井上公造、SMAP再結成の可能性を予測 「解散時は考えないけど…」

アイドルグループ・SMAPが年内での解散を発表した。そんな中、8月16日に放送された『芸能㊙︎チャンネル』(AbemaTV)では、SMAPの解散について、同番組のメインキャスターである芸能リポーター・井上公造氏が意見。18日に放送予定である稲垣吾郎のラジオ番組における解散言及について語った。関係者によると、冒頭で稲垣が収録したメッセージを差し込む形になるのだという。井上氏はこう語る。

「(稲垣吾郎さんのラジオは)14日以前に収録したコーナーと合わせてしゃべります。ファンに謝罪していると見られます。確かにラジオというのは、テレビに比べると、ぶっちゃけた話がしやすい空間ではありますよね。本音で、テレビよりはしゃべりやすいだろうなとは思う。ただ、ジャニーズに所属している現状を考えると、どういうメッセージを出せるか……は疑問です」(井上公造)


さらに「記者会見はしてほしい」と井上氏は言う。「皆に並んでほしいですが、それについては5人の意思があるでしょう。12月31日までは活動があるので、それまでは何かあるだろうという期待がファンにはあります」とファンの立場を考えた心境を語った。


どうやら直接的に何かをメンバーが語る機会は少ないようで、番組MCの俳優・南圭介が「間に人がいろいろ入ると伝言ゲームになったりはする……」と懸念(けねん)を示すと、井上氏は「それでもラジオで語るのは注目ですよ」と、稲垣のラジオ番組への期待を寄せた。


また、今回の騒動を受けてオリコンランキングでトップ100にSMAPの歌が3位、7位、34位、59位、60位、65位、100位に入った。今年1月の解散騒動の際も『世界に一つだけの花』が1日で30万以上売れたそうだが、今回はそれ以外にも売れた曲が出たようだ。

オリコンランキングの結果を見ると、まだまだSMAPはグループとして稼げるわけだが、今後の展望はどうなるのか。井上氏はこう述べた。


「現在はメンバー全員がジャニーズ所属で年内で解散ということになり、来年の9月まで事務所との契約は残っています。その3カ月前までに意義申し立てをしなければ契約はまた延長されます。来年6月までに異議申し立てをしなければ、SMAPは残る。再結成の可能性がゼロかどうかについては、みんな解散するときに再結成は考えていませんよね。ただ、時間が経つと『また一緒にやってみないか?』というグループが多数あるのは事実です。もちろん再結成をしていないグループもある」


また、現在SMAPが出演するレギュラー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)や『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)などがどうなるのかが注目の的だそうだ。8月段階で10月クールのものをいきなり打ち切るのは難しいといった判断から12月解散ということになったのでは、と井上氏なりの見解を述べた。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000