女優・北川弘美 「野球は球場で楽しめばいい」阪神ファンとしての配慮

プロ野球ペナントレースも佳境を迎えつつあるが、15日に放送された『芸能㊙︎チャンネル』(AbemaTV)に、熱狂的阪神タイガースファンとして知られる女優・北川弘美が出演し、阪神愛について語った。


北川は2016年に一般男性と結婚したばかりだが、最近はゴルフやトライアスロンもこなすほどのアウトドア通。阪神ファンになったきっかけは、もともと京都出身のため、テレビで阪神戦しかやっていないのが理由なのだとか。阪神の魅力についてはこう語った。


「弱いのですが、そこが応援したくなるんです。優勝を毎年やってたらつまらないんです。貴重な価値を楽しむという一体感があります。もう、ファンがすごいパワーを持っています。震えるぐらい!」

そんな北川は、阪神の若手が過ごす寮「虎風荘」を訪れたこともあるようで、寮長からは「部屋がきれいな子が出世する」と言われたエピソードも披露した。


北川は、元阪神の正捕手・矢野燿大が好きだったという。矢野が肩を壊してリハビリをしていた頃に練習を見に行き「(体調は)どんな感じですか? 大丈夫ですか?」と言った経験もあるとのこと。一方で、北川は「選手の私服姿は見たくない」という。あくまでもユニフォームがいいというのだ。


「スターはスターであって欲しいんです! 球場で見る姿が一番かっこいい。私、好きな選手は言わないようにしてきたんです。『阪神ファンが好き、チームが好き』と言っていて。以前、矢野さんが好きと言ったらそのときの正捕手が城島健司さんで。城島さんと会ったときに『(矢野さんじゃなくて)ごめんね』と言われたので、それからは言わないようにしています」(北川)


北川は「あくまでも野球は球場で楽しむ」と話す。選手への配慮と愛を持ちつつ、応援しているようだ。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000