SMAP解散にキムタクは納得してない? 叶わなかった25周年イベント

8月14日、アイドルグループ・SMAPが年内で解散することを発表した。15日に放送された『芸能㊙︎チャンネル』(Abema TV)ではこの話題について言及。同番組の出演者で芸能リポーターの駒井千佳子氏によると、SMAPが所属するジャニーズ事務所は11月に東京ドームで25周年イベントを行う方向で動いていたのだという。

SMAPは、稲垣吾郎の道交法違反や草なぎ剛の全裸騒動などスキャンダルもあった。だが、これらを乗り越えてきたので「今回も乗り切ると思った」と同番組に出演した芸能リポーター・菊池氏は語った。これに対して、同じ芸能リポーターとして活動する駒井氏はこう述べる。


「(SMAPは)長い歴史を持っている。みんな『世界に一つだけの花』の一節は分かるでしょ? やっぱり彼らは、男性グループの基礎を作った先駆者です。彼らが新しいことをしてきたんです。アイドルグループでお笑いをやったり体を張ったりして新しい道を築いてきた。これを一瞬でなくすの……? (多くの人が)メンバー全員の名前をフルネームで言えるでしょ? 50代の会社勤めのおじさまも、小学生も言える。いつもテレビにいたものだから、当たり前の存在だから、SMAPは特別。5人そろったときの圧力、存在感の強さ。5人そろったときに『あぁ、SMAPなんだ……』というのがあります」


もともとSMAPは9月が事務所との契約更改の時期。3カ月前に事務所に契約の有無は伝えなくてはいけないのだとか。だから、6月に契約を事務所にメンバー5人は伝えた。今回の8月解散発表には、冠番組の関係もあり、スポンサーなどに対応の期間が必要だったという。8月の中旬に「9月いっぱいで解散します」と言うのは無理だった。よって、テレビのクールなどを考慮した結果、12月末の解散ということになったという。駒井氏は、以下のように語り、SMAP解散を残念がった。

「木村拓哉さんは毎年バケーションということで、海外に行くんです。今年はハワイ。彼がいない間に、決めるのはね……。木村さん納得してるのかな? とは思う。憶測でしかないけど、全員がそろっているところで決めて欲しかったな、と思います」


最後に駒井氏は過去の取材時のエピソードについてこう話す。


「初めて取材に行くと、木村君が睨むんです。何度も行くと、覚えてくれていて……。『ミヤネ屋観てるよ』とか言ってくれる。ババアの思い出話になりますが、支えになっていたのかな、とか思います。なくなるのは本当に悔しい」


まだ「ありがとうともさよならとも言えない」という駒井氏。駒井氏だけではなく、SMAPの解散を悲しむ声は多いだろう。騒動はしばらく続きそうだ。


©AbemaTV

『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000