小池都知事、新党結成&橋下徹氏と協力か 腐敗した都議会の改革準備が進む

8月1日に新たに東京都知事に就任した小池百合子氏(64)は、選挙戦前は都議会が「ブラックボックス」になっていると批判し、早期解散も匂わせていた(実際はほぼ不可能)。だが、来夏には都議選も予定されており、それにあたって「小池新党」を結成するのでは、との憶測も出ている。小池氏は「その選択肢は一つあるかと思うがこれから都政を進めていく上で判断すべきこと」と述べている。

小池新党が誕生するかどうかの可能性について、13日に放送された『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)に元宮崎県知事の東国原英夫氏(58)が出演し、見解を述べた。一つ報道であるのが、「小池新党」が東京の地域政党であり、大阪の「維新」、名古屋の「減税日本」と3つで組むという構想だ。

自民党都連議員は、「橋下(徹)氏がどこまで小池新党に絡んでくるかだ」とその成否について意見を述べたという。これについて東国原氏は「この意見、牽制してますね。都政改革チームに上山信一という人を小池さんは入れています。この方は、大阪維新の会を作った人で、顧問です。地域政党を作るには上山信一。この方を東京の改革のトップに据えた。そして、野田数さんを政務担当特別秘書にしていますが、この人は維新の党出身です。上山、野田を側近に置く配置です」と述べ、橋下氏との連携もあり得るのでは、と匂わせる分析を行った。

これに対してコメンテーターを務める漫画家・倉田真由美氏が「着々と準備が進んでいますね」と述べると東国原氏は「そう。都議会が私にNOと言うならば、新党作りますよ、ということ。改革に前向きなら、OK。柔軟にやっていきましょうってことを意図しています。あと、維新が関東では弱いですから、勢力を伸ばしたいという気持ちもあるのでしょう」と維新の国政でのプレゼンス増に「小池新党」との協力もあり得るとの見方を示した。

また、東国原氏は、小池氏に290万票集まったのは、「ブラックボックスをぶっ壊してほしい」という期待感が都民の間にあったと説明。宮崎や大阪には新しい波が起きてきた一方、本来もっとも最先端であるはずの東京が旧態依然としていることへの不満が渦巻く中、今回、『ジャンヌダルク』が出てきて勝利したと意見した。


『みのもんたのよるバズ!』はAbemaTVにて毎週土曜日20:00~21:50にて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000