暴露返し、秘密の共有…『LOVE理論』は非モテ男子の“恋愛あるある”が満載(お色気もあるよ)


8月13日(土)17:20から『AbemaTV』ドラマチャンネルにて「モテない男子を恋のサクセスロードへ導く禁断のマニュアル?」という斬新な内容で話題を呼んだ連続ドラマ『LOVE理論』が全話一挙放送される。

ガリ勉の結果、一流大学に合格し東京で新生活をスタートさせたド田舎者&童貞、つまり非モテの日本代表のような男、今田聡(大野拓朗)が本作の主人公。案の定、テニサーのチャラ男たちに辱められるという散々な大学デビューを飾ってしまい、美人キャスト揃いのキャバクラ「ピカレスク」でアルバイトを始めることに。そこで、先日の新歓コンパで一目惚れした清純派美女・桐谷怜子(清野菜名)と奇跡的に再会を果たした今野だったが、その気持ちを察した店長・水野愛也(片岡愛之助)が理想の恋人を手に入れるための「LOVE理論」を説き始める……。

第1話から“暴露返し理論”“秘密の共有理論”なんて理論がしっかり登場。ベストセラーを記録した同名の恋愛マニュアル本を原作としているだけに説得力も抜群で、それ自体がストーリーの推進力になっているのが新しい。非モテ男子が女性に抱きがちな幻想や高い理想、自己中心的な行動を打ち砕き諌めてくれる「LOVE理論」の数々は、取り返しがつかないミスを犯した過去の自分にもそっと伝えてあげたくなる的確さである。

また、主人公が非モテ行動に走りそうになるたびに店長が登場し、ピンポイントでアドバイスを授ける……という展開が基本なのだが、ひとつ壁を超えた非モテ男子が陥りがちな失敗パターンに対するアフターケアもバッチリで、ドラマを観進めるほど理論の隙の無さに驚くはずだ。

なお、主人公がアルバイト入店するのがド派手なキャバクラだけに、多くの視聴者が知らないであろう水商売のシステムや専門用語など、夜の知識も学べたりするのが楽しい。さらに嘘か誠か、裏街道ド真ん中の闇ビジネスネタまで挟み込まれ、脳天気なコメディに終止しない緊張感もさすが。物語の時代設定が90年代らしく、ひと昔前の流行語などを散りばめることで若い男女のラブストーリーにありがちな“オシャレ感”を排除し、決して上から目線にさせない演出にも脱帽である。

また、今田の心理やLOVE理論を解説するため、たびたび再現マンガで挿入される90年代テレビ番組ネタ(ほとんど実名!)は、アラサー~アラフォー世代にとっては懐かしく、かつ意外と理解しやすい。ちなみに、人気グラビアアイドルやセクシー女優たちがキャバ嬢を演じることで、どエロなシーンも過剰積載気味。つまり、ソッチ目的の男性のニーズにもしっかり応えてくれているのでご安心を。

非モテ男子はもちろん、いくつになっても成長しない男子の生態が気になる女性にもオススメなドラマ『LOVE理論』。イッキ見することでテンションを高めにキープできるということで、この機会にメモ帳片手に観賞すべし!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000