お彼岸やお盆にお墓参り…檀家(だんか)とは一体何か?

檀家(だんか)とは、お布施などをして寺院を支える家のこと。もともとの言葉の由来は、サンスクリット語の「ダンナ」。ものを与えることや、お布施という意味がある。

檀家制度の始まりは江戸時代と言われている。キリスト教が禁止され、どこかの仏教寺院に所属することが幕府により義務付けられた。

檀家はお彼岸やお盆にお墓参りをしたり、お寺の改築費用を負担したりすることが務め。そしてお寺は法要でお経をあげたり、お墓を守ったりすることで檀家の務めに答える。

だが、近年ではお寺以外の場所にお墓を建てたり、檀家をやめたりする人が多く、経営が危ぶまれているお寺が多いという。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000