「売春」をする女子中高生たち 彼女たちが抱える闇とは?

売春の経験がある女子中高生らの文章、イラスト写真など、およそ100点を展示する「私たちは『買われた』展」が11日から東京都新宿区で開催される。

同展を主催する、虐待や貧困で居場所を失った女子中高生らを支援する一般社団法人Colabo(コラボ)代表の仁藤夢乃さんは、自身が高校生時代に居場所を失い、街をさまよった体験を綴った本「難民高校生」の作者でもある人物。開催の経緯を「幼い頃から家族から性虐待を受け、泊めてくれる人を探したり、違法の風俗店で働いてきたりとか、色んなものを背負った彼女たちの声を伝えたい」と語る。

展示物のひとつである大きな寄せ書きには、「生まなきゃよかった」など、彼女たちが親や教師など大人から言われた、口にするのも憚られるような数々の言葉が綴られている。

10日放送の報道番組「AbemaPrime」(AmebaTV)では、女性の人権に加え、売春防止法、JKビジネスに詳しい弁護士の佐藤みのり氏を招き、詳しい話を聞いた。

佐藤氏はまず、「日本では『女性側に問題がある』と、まるで加害者であるかのような言われ方をしている。女性の側に問題があるという見方を変えていく必要があるのではないかと」と指摘。

子供の権利といった法律相談の窓口は設置されているものの、実際に弁護士に相談が来るケースは少ないという。その理由について佐藤氏は「大人に対する心理的抵抗感があるのではないか」と語り、さらに「そういった窓口や活動があることを知らないということもあると思う」と、周知徹底の必要性を訴えた。

■なぜ女子中高生が売春などのセックスワークに陥るのか

佐藤氏は主な要因を3つ挙げる。

ひとつは家庭。本来なら居場所となるべき家庭が、受け入れてくれないと感じるような状態や、家庭内での性的暴力などが原因で、家庭が帰る場所ではなく、危害が加わる場所になってしまうことで、外に逃げ道を求めてしまうこと。

次に学校。イジメなどといった様々な要因により、居場所のひとつであるはずの学校さえも、居心地の良くない場所となり、外からやってくる誘惑により、「寂しい気持ちを受け入れてくれるなら」と流れていってしまうケース。

そして最後は出合い系サイト。インターネットの普及と併せて、出会い系サイトが安易に利用できるようになったことで、性的目的で接触してくる大人たちと簡単につながれるようになったこと。

居場所の問題、そして買う側への大人への接触。佐藤氏は、今後これらの問題をどう改善していくかが、若年層を売春などのセックスワークから守るための鍵となると話している。



毎週月〜金曜日 21:00〜23:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000