広島、長崎へ投下された原子爆弾による被爆者を支援 「被爆者援護施策」とは

1957年に施行された被爆者援護施策。これは広島、長崎に投下された原子爆弾による被爆者を支援する制度のこと。

被爆者と認定されたのは、原子爆弾が投下されたときに一定の地域にいた人や投下されて2週間以内にその地域に入った人、被爆者の介護した人と彼らの胎児。当時政府はおよそ20万人の被爆者に健康手帳を配り医療を支援した。

手帳を持っていれば被爆者であることが証明されるとともに、無料で治療や入院などが可能。この制度ができて59年政府は10回以上も改正を繰り返し被爆者の支援を広げてきたが、施策が十分かどうかが問題としてあげられる。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000