日本は1日に約3万5千人の外国人が入国 入国管理局とは?

一日におよそ3万5千人もの外国人が入国する日本。彼ら外国人の入国審査などを行うのが、入国管理局、いわゆる「入管」である。「入管」は出入国するすべての人を管理することが使命であり、そのため日本人の出入国も管理している。また、入国審査が混まぬよう「自動化ゲート」を進めている。

さらに、入国した外国人の滞在状況を管理することも「入管」の大事な仕事である。不法滞在や不法就労をしていないか、違反調査や審査を行い、違反が確定すれば、強制的に国外に退去させる権限も持っている。

昨年、「入管」によって強制送還された人数はなんど6千人以上にものぼる。

合言葉は、「ルールを守って国際化」。「入管」は、外国人の受け入れと国内の治安を守るためのせめぎ合いを、日々続けているという。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000