虫ドル・カブトムシゆかり、1匹3万円のゴキブリ飼育

4日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に、虫好きアイドル「虫ドル」のカブトムシゆかり(27)がゲスト出演した。

子供の頃から昆虫が好きだったというカブトムシゆかりだが、中学の頃から、クラスの子とズレを感じ始めたという。「小学校の頃は虫友達がいたけど、中学になると、みんな部活とか受験勉強で、(虫友達を)やめちゃって。気持ち悪がる子に虫を見せるのが好きだった」という。


そんなカブトムシゆかりは、社会人になってから不動産業でOLをする傍ら、副業でカブトムシの養殖をしていた。「お祭りのお兄ちゃんに卸したりして。家では300匹ぐらい飼ってて、不動産屋の余ってた倉庫でもっと飼ってた。で、どうしたらもっと売れるかなと思ってカブトムシのブログを始めたら、それを見た芸能関係者の方が声をかけてくれた」と、独特なデビューのきっかけを語った。

現在も様々な虫を飼っているそうで、今ハマっているのが「蚕」だという。100匹羽化して106匹飼っているといい、「蚕って繭になるんですけど、繭玉って1本の糸からできている。1500メートルもあるんです。それを2日間かけて蚕たちは出す」と、蚕トリビアを披露。「紡ぐとシルクになるけど、うちでは羽化させて、繭玉は四隅の掃除とか。売りたいです」と、抜け目なくビジネス展開も視野に入れていた。

次に「ヨロイモグラ」というゴキブリの写真を披露すると、スタジオが悲鳴に包まれた。「ゴキブリって言っても、羽生えてないし、飛ばないし、キッチンとかに出ない」というがその大きさは8センチ。


「ハムスターくらい。ハムスターボールに入れるとずっと散歩してる。動きはすごく遅い。壁も登らないし、ちっちゃいアルマジロ飼ってると思えば」と嬉しそうに語った。さらに「ゴキブリって繁殖率高いじゃないですか」という問いに「これは卵胎生なので、卵産まないで、哺乳類みたいにポコポコ赤ちゃん生むので1回に4匹くらい。だから希少価値が高くて値段が高い」と知識を披露した。 


驚きのお値段は「1匹3万円」といい、カブトムシゆかりは「(所属事務所の)オスカーは副業NGなんで大きな声では言えないですけど」と言いながらも、このゴキブリを家で増やしていることを明かした。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月~金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中 



 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000