女子高生に大流行中「シーブリーズ」のキャップ交換 使い切ったら恋の願いが叶う?

8月4日木曜、AbemaTVの若者向け情報番組『原宿アベニュー』で、女子高生(JK)の間でデオ&ウォーター「シーブリーズ(SEA BREEZE)」の“キャップ交換”が流行しているというニュースを紹介した。


原宿のスタジオでは、サンプラザ中野くんが「キャップ交換? えっ知らない」と述べたのに対し、番組に出演していた女優&モデルの澤田汐音は「これ知ってます!」と反応。


これに対して、テレビ朝日アナウンサーの森葉子が「好きな人とキャップを交換して(中身を)使い切ると、恋の願いが叶うそうです」と補足した。


スタジオでは実際に“キャップ交換”を行ってみることに。

登場したシーブリーズで、澤田とアナウンサー森がキャップを交換する。


サンプラザ中野くんが「これ本当に流行しているんだよね?」と疑問を投げかけると、実際に女子高生(JK)に街頭インタビューした様子がスタジオに流れた。

街の女子高生(JK)によると「やっている子は多い」らしい。本来であれば、恋焦がれる好きな人とやるべきものだが、友達同士で仲良く交換する人もいるようだ。

中には、キャップを交換した後に付き合って別れてしまい、自分の元にキャップが返ってきたという女子も。これに対して澤田は「戻ってきたら悲しい!」とコメント。キャップ交換にもさまざまな形が存在するらしい。

「シーブリーズのキャップ交換認知度」を番組が調べたところ、41人中「知っている」と答えたのは39人で「知らない」と答えたのは2人。実践していたのは19人だった。

このシーブリーズの“キャップ交換”、一般的には2015年に放送された広瀬すずのCMが流行のきっかけと言われているが、シーブリーズを販売する資生堂に聞いたところCM放映以前にもキャップ交換が流行しており、その話を後になってCMに取り入れたという経緯がある。


アナウンサー森はこれについて「2014年の秋頃に自然発生して、SNSで広がっていった」と説明。どうやら、CMが放送するよりも前に、流行が見られていたようだ。


©AbemaTV

『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000