恋愛禁止のオスカー所属モデル・春輝 恋人が「がっつり」いたことを告白

8月3日(水)夜11時から「AbemaTV」で放送された『オトナ女子会#17』にモデルの春輝(26)、女優の原幹恵(29)、モデルでプロレスラーの赤井沙希(29)が出演し、所属事務所の恋愛ルールについて語り合った。

3人が所属するのは女優の米倉涼子(41)、上戸彩(30)武井咲(22)、剛力彩芽(23)など多くのスターを排出するオスカープロモーション。

髪型のルールや納会でのあるあるなどで盛り上がる中、原が「その中でも1番のあれがさ、恋愛。みなさんどう思ってる?」と2人に切り込んだ。それに対して赤井が「一応20歳越えて、5年間は恋愛禁止。10代は絶対ダメよね」とオスカーの恋愛のルールを説明し、原が「年齢若くしてデビューしちゃう子がたくさんいるから、一応25まで」と付け加えた。もし25歳を越えた年齢でデビューした場合は、デビューの年から5年間は恋愛禁止なのだという。


 原が「理不尽だなって思うことない?」と2人に問うと、春輝は社員から「恋愛はしていい。彼氏は作っちゃダメ」と言われたことがあることを告白。なんと原は「官能小説を読んでときめけ」と言われた経験もあるそうだ。当時は「わかりました。そうですよね。大切ですよね」と建前では答えつつも「心の中では、嘘でしょう。ふざけんな」と思っていたとぶっちゃけた。 


同番組は、お酒を飲みながらの生放送で、後半にはかなり酔っぱらった様子の春輝が「ぶっちゃけここだけの話とかないですか。ちょっとそろそろワンパンチを。実は今だから言えるんですけど~みたいな」と2人に質問。

しかし自ら「今だから言える話は、モデルガールズ時代に、これ時効なんで、時効です。モデルガールズ結成して、口酸っぱく恋愛とかスキャンダルは言われてたわけですよ」と自身が所属していたガールズユニット・モデルガールズ時代に恋愛禁止に関して、事務所側から固く注意されていたにも関わらず「いました。ガッツリ」と実は恋人がいたことを打ち明けた。


原が「大丈夫?」と心配するも春輝は「5月くらいにデビューして割とすぐに夏くらいにできました。彼が」とデビューして早々に付き合いが開始されたことを明かした。ちなみに、相手は年上で、3年前に破局を迎えたそうだ。


さらに、モデルガールズのメンバーは春輝以外も「うまいことやっていたわけですよ。でも時効!」とほかの所属タレントの話にまで及んだ。


それまで恋愛について盛り上がっていた3人だったが、春輝のぶっちゃけすぎるトークに若干不穏な空気に。これに対して赤井が急にホラーの話を盛り込み、場の空気を変えていった。  


©AbemaTV


『オトナ女子会』は毎週水曜日 23:00〜25:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000