みんな知ってる?意外な狛犬(こまいぬ)の歴史

狛犬とは、神社などに奉納されている空想上の獣の守り神のこと。

その起源は諸説あり、エジプトのスフィンクスが起源とも言われている。また、古代の王様が強大な力を得るために、当時地上最強の生物と思われていた獅子を真似て作ったという説もあるそうだ。

日本にたどり着いたのは、平安時代。インド、中国、朝鮮半島と長い距離と、長い時間をかけて日本へ伝わった。

日本に伝わった当初は天皇の玉座を守る像として置かれていたが、時代を経て各地の神社へと伝わっていった。

今では石造りが一般的な狛犬。当初は建物の中に置かれることが多かったため、木や金属で作られたものが主流だった。それがいつしか、外に置かれるようになり、今のような石造りになったという。

ちなみに沖縄のシーサーも起源は同じだと言われている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000