「彼氏作るか、夏遊ぶか?」矢口真里、10代女性のお悩みに回答

AbemaTV『AbemaPrime』内コーナー「アベプラお悩み相談室」では、番組に寄せられたさまざまなお悩みに、アベプラファミリーがお答え。8月1日の放送回では、タレントの矢口真里が「彼氏をつくるか、夏休み遊びまくるか悩んでいます」という10代女性の悩みに頭を抱えた。

この10代女性の悩みは、夏休みにすることとして「彼氏をつくる」か「遊びまくる」のどちらがいいかというもの。番組スタッフが「どっちもするのは?」と質問すると女性は「そんなチャラいことはできない!」と目を丸くさせた。

この質問に、「ええー!? ムズッ!」と驚いた矢口は、


「今好きな相手がいないんだったら、無理に彼氏をつくる必要はないですよね……。でも、“今年は友達と遊ぶぞー”というとき限って(彼氏候補が)現れたりもするので、出会いを求めて遊ぶとか、両方いけるんじゃないかと思いますが……。一緒にどこか出かけたりとかできるし、彼氏をつくって遊ぶのはチャラいっていう考えが、お姉さんはわからないけど……」


と困惑しっぱなしだったが、「もしかして!」と表情を一転。


「“遊ぶ”って、そういう“遊ぶ”!? つまり男性系の“遊ぶ”ってことなのかなって受け取れちゃったんですけど、どうなのかな?」


と、それなら「彼氏」を作る一方で「“遊び”まくるのはチャラい」という発想にも合点がいった様子だったが、矢口は納得しかねるようで「難しかったな、この質問。今のでアドバイスになったかなあ……」と自信なさ気にコメントした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000