都知事選で自民党惨敗 都議連総務会長の平沢氏「執行部全員が辞任すべき」

7月31日に投開票された東京都知事選では、自民党を去った小池百合子氏(64)が勝利し、自公が推薦した増田寛也氏(64)は2位となった。今回の敗因について、自民党衆議院議員の平沢勝栄氏(70)が『みのもんたのよるバズ!』(AbemaTV)に出演し、敗戦の弁を語った。

「自民党公明党、組織をあげて戦いましたが、議員はほとんど増田さんを応援。色々な団体も増田さんを応援しましたが、結果的に大惨敗。勝った時はともかく、負けた時は理由があります。負けるべくして負けたかなと思っています。地元を歩いていても、『なんで小池さんを応援しないの?』と言われました。随分多くの人から言われました。自民党に最も近いのは小池さんだと思われたのではないでしょうか。増田さんは良い候補者ですが、小池さんは自民党の衆議院議員です。『なぜ小池さんでなく増田さん?』となりました。

一本にできなかった理由?(2代続けて)政治とカネの理由で都知事がやめたので、現職の政治家はやめようとなったのです。政治家は皆、政治資金あるから、なんかあったらヤバいからやめよう、となりました。その取り決めがあったのに小池さんが手を挙げたのです。

私達は分裂と思っていなかったのですが、現場はそう思っていたということです。今回は真っ二つに割れましたね」

また、平沢氏は、都連の会長である石原伸晃氏を含め、執行部全員が辞任すべきとの考えを示した。自民党都連から党員に通達された「親族であろうと小池氏を応援したら除名」という趣旨の文書については「誰が書いたか分からない。本当におかしい。憲法違反。なんであんな文書が出たのかが分からない。この件について説明する会場で初めて見ました」とも語った。

スタジオには元参議院議員の田嶋陽子氏もいたが、結果的にこの文書が小池氏への同情票を集める結果になったことについて「大損したね」と述べると、平沢氏は「あんなの否定すべきだった」と同意。番組キャスターの下平さやかアナも「時代錯誤でしたよね」と疑問を呈した。


『みのもんたのよるバズ!』はAbemaTVにて毎週土曜日20:00~21:50にて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000