【坊主麻雀】YES!高須院長、超攻撃型の麻雀が強すぎて鬼レベル

偶然といえば、それまでの話になってしまう。しかしその偶然が起きる場所まで自分を運ばないと、偶然は起きない。

坊主麻雀第2弾は、第1回の優勝者、サイバーエージェント社長・藤田晋、芸人・岡野陽一、高須クリニック院長・高須克弥、そして堀江貴文の4人が戦った。

1回戦は藤田が強い麻雀を見せつけてのトップ。そこから藤田が展開をコントロールし、堀江、岡野がそれに対応していく。そんな中、高須は重戦車のように「鳴き」も「リーチ」も、使える武器はすべて使い、アガりへと邁進する。

第4回戦・東2局。高須は手牌に3枚あるドラの五萬を切るのを嫌い、七対子ドラ7の倍満確定の手を狙わず、鳴いて対々和ドラ8、同じく倍満確定の手にする。どちらを狙うかは人によると思うが、アガりの点数が倍になる「サイバーリーチ棒」がなかった高須は三暗刻を狙いつつ、ドラを使い切る方を選び、結局は藤田に12000点の放銃をする。

手牌を最大限に活かす。そしてそれが大きい手なら決してオリない。

第6回戦・東1局。藤田がサイバーリーチ棒を使い、リーチ。そのあと親の高須がフリテンでサイバーリーチで追いかける。この時、高須はフリテンでもサイバーリーチができるかどうか確認している。これに対してどう感じるかは人それぞれだろう。しかも高須はツモ和了り、8000オールを決める。それに理不尽を感じる人もいるだろうが、逆にもし高須が藤田に振り込んでいたら「ほらね」と思う人もいるだろう。

このアガりを見て、高須の麻雀に不条理を感じた人はたくさんいただろう。最もなことだ。だが、高須はこの戦いを通じて“常に”攻めているということを忘れてはいけない。アガりに向かい、テンパイをしたらどんな手でも「サイバーリーチ」を使う。温存はしない。常に、攻め、攻め、攻めだ。

そしてここで高須が異形の姿となる。髪の毛が逆立っているのだ。いろいろ考え、髪をかきむしったのだろう。本人はそんなことに気づいていないし、気にもしていない。この「金髪鬼」は、それぐらい麻雀に集中していた。

東1局・1本場。高須はホンイツからホンイツ小三元確定の大三元をテンパイする。途中赤5索をツモり、待ちを広くする手もあったが、それで大三元の可能性をゼロにするようなことはしない。そして見事大三元をあがり、そのまま坊主麻雀で優勝を飾った。

「運がよかった」と一言で片付けるのはたやすい。だが高須は常に「幸運がある」ところに自分を持っていった。「幸」があるところに自分を「運んだ」のだ。

今、自分は不運だと嘆く人がいるかもしれないが、運んだところが不味いかどうかは、行ってみないとわからない。行ってダメだったら、別の所へ行く。それが高須のスタイルであり、そして彼はサイバーリーチ棒を使わず48000点をもぎ取った。

さて、最後まで放送を見て、高須の麻雀は不条理だと感じた人はほとんどいないだろう。

役満和了れば、不条理が引っ込む。

それが金髪鬼の強さであり、魅力なのだ。



 総合順位

優勝 高須 90.8

2位 藤田 74.0

3位 岡野 -35.6

坊主 堀江 -129.2


1回戦

1位 藤田 30.8

2位 堀江 -6.0

3位 岡野 -10.9

4位 高須 -13.9


2回戦

 1位 高須 34.9

2位 藤田 -6.5

3位 堀江 -7.6

4位 岡野 -20.8


3回戦

1位 藤田 28.4

2位 高須 -12.6

3位 堀江 -8.7

4位 岡野 -7.1


4回戦

1位 岡野 55.1

2位 藤田 5.3

3位 堀江 -19.7

4位 高須 -40.7


5回戦

1位 堀江 27.5

2位 高須 -1.4

3位 藤田 -1.9

4位 岡野 -24.2


6回戦

1位 高須 98.3

2位 岡野 -13.0

3位 藤田 -14.0

4位 堀江 -71.3


7回戦

1位 藤田 30.1

2位 岡野 -7.1

3位 高須 -8.1

4位 堀江 -14.9


8回戦 ※点数詳細不明

1位 高須 42.9

2位 岡野 -2.6

3位 堀江 -15.7

4位 藤田 -24.6


9回戦

1位 藤田 26.4

2位 岡野 -5.0

3位 高須 -8.6

4位 堀江 -12. 8

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000