「頭おかしいだろ!」坂上忍、トンデモ女に激しいツッコミ

 「AbemaSPECIAL Plus2」チャンネルにて、7月31日(日)夜20時00分から『坂上忍VSトンデモ女~お前の正体暴いてやる!~』が放送された。

この新番組では、AbemaTV初登場となる坂上忍が「鋭過ぎる洞察力」「経験と直感による推理力」を活かしたプロファイリングにより、トンデモないプロフィールを持つ“トンデモ女”たちの正体を暴いていく。2人目に登場したトンデモ女の正体は「○○○と一緒に働き、○○○○いる、○○○○○のトンデモ女」。「いやー、当てたいなあ」とボヤきつつスタジオに現れた坂上は「さっきの子よりちょっと(歳が)上かも?」と第一印象を語る。

トンデモ女歴3年だという25歳の“mico”さんがマントとマスクを外すと、その学生服風のファッションと不思議な雰囲気を醸し出すルックスを見た坂上は「これ、また“シモ”のほう?」と1人目の正体を引きずり気味。さらに「最初は“母親と一緒に働き、AVに出演しているトンデモ女”って思った」と大胆な推理を披露するも、全力で否定されてしまう。

そんな彼女の1週間のスケジュールが公開されると、“会食”や“撮影”“イベント”といった素人っぽくない予定に対し「タレントさんですか?」と驚いたように尋ねたが、彼女の答えはノー。そして、現職の前は保育士をしていたと聞くと、やはり1人目のインパクトから抜け出せていなかったようで、つい「レズの方ですか?」と質問したが、「そっちの経験はない」と、こちらもハズレ。

ここでヒントとして部屋の写真が公開されると、そのカオスな様子に坂上は「もうなんかこれ……頭おかしいだろ!」と激しくツッコむが、DJ機材で遊んでいるという写真に大いに惑わされてしまったようだ。しかも、家賃はワンルームながら16万円とのことで、「仕事柄、そういう場所を選んでいる」というトンデモ女にいっそう興味を抱いたようだ。

さらに、彼女の1ヵ月の出費の割合がグラフで公開されると、家賃と比較して「飲食代で40万くらい?(服代は)70~80万円じゃないの!?」と驚いた坂上。そんな彼女のMAX月収を耳打ちされると、「ちょっとビックリだわ。ヘタなタレントさんより稼いでますよ」と絶句してしまった。

そんな情報の数々から、坂上は「1人でやるお仕事じゃないんだ?」と推理したが、1回だけ与えられた質問タイムで1人目と同じく「仕事をしてて楽しいこととつらいこと」と尋ねると、トンデモ女は「あまり信じてもらえない時がある」のだそうで、つらいことはないとのこと。「バレないようにあえて学生っぽい服装で来た」というトンデモ女は悩みまくる坂上を見て、早くも「勝った!」と自信満々だ。

そんなこんなで坂上がひねり出したのは、なんと「石破(茂)大臣と一緒に働き、大臣を警護している、SPのトンデモ女」という珍回答!「(正体が)それだったら惚れちゃう」と盛り上がるが、残念ながら正解は『元彼と一緒に働き、かなり稼いでいる、古着ショップオーナーのトンデモ女』という、かなり難易度の高いものだった。

坂上はため息まじりに「よく(一緒に)働けるね。なんで?」と驚いたが、スタジオにその元彼が登場。20歳で出会って5年くらい付き合ったものの、「仕事ばかり」になってしまったのが原因で別れてしまったのだとか。そんなふたりは、実は女子中高生に人気の古着ショップ<サントニブンノイチ>という店の共同オーナー。今は6店舗を展開し、人気モデルの“ゆうたろう”をスカウトしたのもmicoさんだったとのことで、実際かなりのやり手オーナーのようだ。

お互い未練はないものの、「4年間同棲して、東京にお店ができたときに離れてしまって……っていう感じですね」と若干の哀愁を漂わせていた元彼。坂上も感情移入したのか二人の関係性を心配したり、勝手に今後の恋愛指南をしたりと饒舌に。しかし、そんな元彼がプレゼントとして持参した服を見た坂上は「ヘンタイだよ! これで歩いてたら職質受けるよ!!」と困惑。「でも、これが今の流行りなんでしょ?」と渋々ながらも受け入れていた。

そんな若い敏腕経営者たちに対し、「“欲のバランス”が絶妙なんだよな~。欲深じゃダメなんだよ。でも欲がなくてもダメなんだよ」としみじみ語ってしめくくった坂上。さらに、ブッ飛んだエピソードを持つ“トンデモママ”たちを写真で紹介するミニコーナーを挟んで、番組は3人目のトンデモ女の紹介へ。果たして坂上は今度こそ正体を当てることができるだろうか!?

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000