坂上忍、トンデモ女をフルボッコ 「口元がユルい人は色んなトコがユルい……」

「AbemaSPECIAL Plus2」チャンネルにて、7月31日(日)夜20時00分から『坂上忍VSトンデモ女~お前の正体暴いてやる!~』が現在、生放送中だ。

同番組では、AbemaTV初登場となる坂上忍が“トンデモない”プロフィールを持つ女たちを、「鋭過ぎる洞察力」「経験と直感による推理力」を活かし次々とプロファイリング。 坂上は果たしてトンデモ女たちの正体を暴くことができるのか!?

上野優花を進行役に番組はスタート。金色の大仏のマスクと黒いマント姿のトンデモ女が登場し、まず視聴者にだけ「○○に通いながら、○○○○○で働くトンデモ女」と正体をネタばらし。その後、さっそく質問を投げかけながら坂上がプロファイリングで相手の姿を暴いていくことに。

 控室からスタジオに登場した坂上は、実は台本も渡されていないそうで「こんな感じでいいの?」とユルい進行に不安な様子だったが、それでも「見る目はある」と自信満々。しかし、トンデモ女が「神奈川県から来た21歳」と自己紹介すると、「けっこうだらしない感じの喋り方だね」と、さっそく推理を繰り広げ「口もとがユルい人は色んなところがユルいって言うけど……」と、下ネタ方面で想像力を働かせた。

さらに「男性オンリーの客商売かどうか聞いてもらっていい?」と坂上が尋ねるも、上野は「それはダメですね」と拒否。また“トンデモ女歴は8年”と聞いて「13歳のときに何か失ったものがある?」と質問したが「何も失ってないです」と返され、推理に迷いが生じる。それでも坂上は、「髪の毛が短い」「長年剣道をやっていた」という手がかりから「同性愛とか、そっちの方なのかな?」と、かなり鋭い推理を見せた。

 満を持してマントとマスクを脱いだトンデモ女に「かわいいじゃない! ちょっと意外。バンドとかやってそう」とテンションが上がった坂上が胸のサイズを尋ねると、上野は「そういうところが気になるんですか?」とツッコんだが、「こんなに少ない情報から当てなきゃいけないんだから、そりゃ(何でも)聞きますよ!」と必死な様子だ。

ここで部屋の間取りなどが公開されると、“作業部屋”が引っかかったようだが、その後トンデモ女が課題で描いたという油画が紹介されると、「美大生」というプロフィールを見事に推理。3つめのヒントとして、ひとつだけ質問できることになり「仕事してて楽しいこととつらいことは?」と尋ねると、「普通に暮らしていたら出会えない人と出会える」のが楽しいことで、つらいことは「特にない」という回答が。これに対し坂上は「すげー難しいな!」と考えこんでしまう。

悩んだすえに『美大に通いながら、競艇場の予想屋で働くトンデモ女』と回答した坂上だったが、正解は『美大に通いながら、レズビアン風俗で働くトンデモ女』というブッ飛んだもの。途中まではかなり鋭い推理を見せただけに、坂上は「やっぱそっちか! うわー!」と悔しがりながらも、かなり特殊な正体に大興奮だ。

トンデモ女いわく「美容師、保育士、看護師、美術系はレズビアンが多いそうで、やはりボーイッシュな見た目の女性は確率も高いという。番組ではこの後も新たなトンデモ女が登場するので、坂上のプロファイリング能力を確かめよう!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000