関根勤、行列のできる風俗店に長時間ならぶ男達に「アッパレ!」

 「AbemaSPECIAL Plus」チャンネルにて、7月30日(土)夜21時00分~23時00分まで『関根勤がニッチなニュースをなでまわす』が生放送された。

番組にはお笑いコンビのイワイガワと、「なでまわしアシスタント」としてグラビアアイドルの稲村亜美、浅井企画所属の平子悟(元お笑いコンビエネルギー)が出演。関根勤が世の中では話題にならないニッチなニュースをいじっていった。

巷で起きた最近のニュースをピックアップする「最近なでまわしたいニュース」のコーナーで最初に取り上げたのは、「今アメリカでは『おっぱいビール』が大流行」というものだった。アメリカの西海岸では、水着の女性の胸の谷間に流し込んだビールを飲むのが大流行しているというのだという。

このニュースについてコメントを求められると、関根は一言「うらやましい!」と叫んでスタジオの笑いを誘った。そして関根は「アメリカ的だねえ」としながらも、ハロウィンも10年かけて日本で流行ったので、時間をかければ日本でも流行るかもしれないと持論を展開した。

さらに関根は、誰もが母乳を飲んで育ってきていることから「おっぱい最強説」も提唱。関根は「ミッドナイト・エクスプレス」という映画を観た際、正気を失っていた主人公が、彼女のおっぱいを見たことがきっかけで正気を取り戻すというエピソードを見た際に「俺思ったの。おっぱいが最強だと」と思いを語った。

関根はその上で「水泳大会でのポロリ」や「ホームドラマでの銭湯シーン」など、かつてのテレビで良く起きていた「おっぱいが見えるハプニング」が男の野性を育て、少子化対策に繋がると力説した。

続いてのニュースは「東京の老舗風俗店で行列」というもので、某お笑いタレントが60分以上待って風俗店に通っていたというエピソードを聞くと、関根は一言「アッパレ!」と某ニュース番組のように宣言し、人目を気にせず並ぶ姿を「少子化を止める真田十勇士」と賞賛した。

さらには「ウサギの性欲が凄い」というニュースの中で、関根は雑誌「プレイボーイ」の創設者、ヒュー・ヘフナーに生まれ変わりたいと妄想を語り、普段テレビではあまり見ることのできない姿を存分に披露していた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000