【お金おじさんのマーケット予測】来週、注目すべきイベントは?

AbemaTV『AbemaPrime』では毎週金曜日、経済評論家・川口一晃氏が「マーケット予報」として、その週の振り返りとともに、翌週のマーケットを予測するコーナーがある。命中率が高いとして話題で、金曜MCの池澤あやか(25)は、川口氏の予報通りに株を始めたほどだ。

さて、7月最後の金曜日。日銀の追加金融緩和が発表されたが、期待より小規模なものだったため、市場は荒れた。

■先週の予報/今週の答え

日経平均株価 :

1万6600円+500円-800円→1万6600円を中心に+200-500円

ドル円:

106円+-2円→102円台突入

川口氏は、「日経平均株価1万6600円で、+500円から-800円の予報。これは範囲内」としつつも、ドル円については106円プラスマイナス2円で円高傾向の予報のところ、「午前中までピタリだったのですが、黒田ピストルに振り回され、“円高”という意味では当たっていたものの、102円台までふれました」とやや残念そう。

ちなみにこのコーナーでは、番組名物、気象予報士の穂川果音が“予報を外したらコスプレ”をするというルールにあやかり(?)、川口氏も“外したら若干コスプレ”するようになっている。

川口氏は、ドル円の予報が外れたことについて、「黒田総裁はきっと僕のコスプレを見たかったに違いないという結論に達しました。(今アメリカで話題の)トランプ氏の“トランプ”です!ハートが14ということで、期待はずれのトランプが活躍しているという意味で…」と、解説をし始めたが、池澤は「(コンセプトが)難解」とバッサリ。お金の解説は得意でも、こちらはまだまだ不慣れの様子……。


■来週の予報

日経平均株価:  

1万6600円+500円、800円

ドル円は103円50銭+-3円

「安倍総理は28兆円の経済対策を行う、とアナウンスされたのですが、そんな安倍さんの経済対策よりも、マーケットは今日の日銀の黒田バズーカに期待をしていたし、反応もしています。だから蚊帳の外の安倍さんの顔は小さくなっています。

実は株式は上昇しているんです。それは今日の緩和策がETFを6兆円購入する、というのを受けて、株価が買い支えられる、という期待からです。

でも、注目すべきは為替の動きです。世界のお金が動く為替世界の評価は、円高に進んでいます。緩和策に対して失望した、ということです。この影響は週明けも残る可能性があります。そして、来週は月に一度の注目イベント、アメリカの雇用統計の発表があります。雇用者が予想よりも増えたりすると、利上げする可能性も出てきます。

ということで、来週の前半はぐずついた天気が予想されます」と川口氏は語った。


毎週月〜金曜日 21:00〜23:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000