「日本銀行」とは一体どんな役割を担っているのか

経済関連のニュースで、耳にする機会も多い日本銀行。そもそも日本銀行とは一体どんな役割を担っているのであろうか。

主な役割は3つ。一つ目は「お金を刷る」こと。お金を刷り、世の中に出回るお金の量をコントロールしている。二つ目は「政府の銀行」。国民から集めた税金などを預かっている。三つ目は「銀行の銀行」。民間の銀行からお金を預かったり、貸し出したりしている。お金を貸すと金利がつくのであるが、日銀が金利を上げると預ける方が得をするので世の中にお金が回らなくなる。しかし、逆に金利を下げれば預けても利息がつかないので、銀行は企業にお金を貸し出して利益をとろうとする。低金利の方が世の中にお金が回り景気が良くなるのである。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000