まな板グラドル・鈴木咲、事務所の先輩・穂川果音を急襲

AbemaTV『AbemaPrime』のお天気コーナーでは29日、Aカップ・グラビアアイドルの鈴木咲(28)が登場。コーナーをレギュラー担当している事務所の先輩、穂川果音(30)を“急襲”した。

鈴木は、以前穂川が喉の調子をおかしくし、声が出せなかった時に、「腹話術」としてアフレコを担当し、その息の合った2人の様子はコメント欄でも大人気だったが、この日は自身の告知として、しれっと穂川にくっついてきたというわけ。

鈴木はこの日、デジタル写真集「咲とあいづ 」をKindleで発売。昨年、タレント活動12年目にして初の写真集「サキミダレ」を発売した鈴木にとって、第2弾となる。鈴木と福島県会津若松を旅行した気分になれるイメージになっており、同市でオールロケを敢行したという。

写真集では水着や浴衣、入浴シーンなどのセクシーショットも満載だといい、番組ではビキニショットを“チラ見せ”。普段はAカップを“ウリ”にしているが、鈴木の醸し出すセクシーな雰囲気に、同番組メインキャスターで、Iカップのブリっ子・穂川には手厳しい小松靖アナウンサー(41)も思わず「おおー!」と感嘆の声をあげるほど。“花火コーデ”として、自慢のIカップの盛り上がりがはっきりわかる、肩から胸までが全開になった衣装で登場した穂川には目もくれず(?)、ビキニショットに見入っていた。

鈴木の急襲は穂川にも内緒だったといい、穂川は「どうゆうこと!?」と拗ねた表情をみせたが、「あとでちょうだいね♪」と、ちゃっかりタダでもらおうと画策。先輩からのオーダーに、鈴木も「わかりました…」とシブい顔だった。


毎週月〜金曜日 21:00〜23:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000