松井咲子 ワキガも男のニオイもOKのにおいフェチ 「お仕事頑張っているんだなって」

 29日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』に、昨年8月にAKBを卒業したタレントの松井咲子(25)がゲスト出演。「咲子さん」と呼ばれることが多いというが、「咲っちょでもなんでも」という松井の言葉どおり、番組では「咲っちょ」で呼び名が統一された。

 4歳からピアノを始め、東京音楽大学を経て、現在も桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻在学中の松井。番組では「咲っちょのハイスペック」として、松井の絶対音感や、“フェチ”な一面が明かされた。


1)絶対音感


――絶対音感があって、困ることってあるんですか? 


松井 困ることは、日頃音楽をずっと聴いてるんですけど、好きなアーティストさんの。聴きながら本をよむと、本の内容も入ってくるし、歌詞も入ってくるし、曲のメロディも音の名前になって入ってくるしで、いろんな情報が入ってくるから、集中できないときはあります。 


――街を歩いていても? 


 松井 駅のメロディとかコンビニの入店音とかは音名でわかりますね。


――じゃあ、雨の音なんかも!?


松井 メロディがついていたらわかるんですけど、日常のなかでは意識しないと別に何も気にならないです。 


2)においフェチ  


松井 中学校のときに、すごいいいにおいの男子がいたんです。この人と通り過ぎると、すごいいにおいがするんだよって仲の良い友達に言ったら、「あの子ワキガだよ」って言われて、「これがワキガなんだ!」って感動したんです。

 においが好きで、いろんなにおいをかいでみたいという松井。組特別企画「松井咲子はMCの南圭介(31)のにおいを当てられるか!?」では、南の体のにおいを嗅ぎ、その後3枚のハンカチのなかから南のものを当てられるかどうかという企画にチャレンジした。

 「犬みたいなことはしたことがない…」といいつつ、松井が3枚のハンカチを嗅ぐ画はなかなかシュール。結果は外れた(南のハンカチは2番、松井の回答は3番)のだが、松井が「いちばんいいにおい」と絶賛したハンカチの所有者であるスタッフは大喜び。南のハンカチは“あまりにおいがしなかった”といい、単純に「すっごくいいにおいがした」ハンカチを選んだようだ。(ちなみにこのハンカチは、松井に嗅がせる前にスタッフが顔や首筋の汗を拭きまくっており、においつけたてのホヤホヤだった。)

 番組メインパネラーで芸能リポーターの菊池真由子氏(40)は、そんなに絶賛されるハンカチがどんなものかと自身も嗅いでみたところ、「くせっ!洗濯失敗したみたいな臭いがするよ!?」 と一瞬嗅いで、思わずハンカチを放り投げてしまった。「こんなにおいがいいんだ?」と、信じられないという表情の菊池氏に対し、松井は 「男性がずっと身に着けていたにおい、お仕事頑張ってるんだなって思います」 と心の広さをみせていたが、同様に南以外のもう一枚のハンカチ(1番のもの)については「持っているだけで、こんなにおいになります!? 主張がある」と、何やら受け入れられなかった様子。同じ“つよいにおい”でも、好みはあるようで…。 


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000