宮城舞、癖の強い休日の過ごし方を告白 「麻雀してるか麻雀してるか麻雀してるか」

 28日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYameba』第16回が放送された。今回は雑誌「ViVi」の専属モデルで、パリコレ出演経験もある宮城舞をゲストに迎え、渋谷の街のお薦めスポットを巡ることに。トークを展開する中で、「下段回し蹴りが特技」という宮城の、独特のキャラクターが明らかになった。

 まず訪れたのは、宮城が週に3回は訪れているという「七宝 麻辣湯」。宮城はここに一人で来ることもあるそうで、「カウンター席で食べながら、AbemaTVの麻雀番組見てるの」と仰天発言。「『あそこにあの牌が入って来たらどうしよう』とか考えちゃって」と、寝る直前まで脳内シミュレーションを行っていると言い、「麻雀を本職にしたいくらい」「たまに朝まで麻雀しちゃって。そのせいで肌荒れした時、『あ、私、モデルだった、やべ』って気付くんだよね」と告白すると、あっくんから「モデルが本職だよ!」と突っ込まれていた。


 休日の過ごし方に話題が及ぶと、宮城は「ジムに行っているか、麻雀してるか麻雀してるか麻雀してるか。でも、きょうは朝4時に起きてゴルフ行ってたよ」とタフなエピソードを披露。あっくんは「それで特技が下段回し蹴りってどうなのよ」と何とも言えない表情を浮かべ、鈴木も「変わってるよね」「ギャップしかない」と同意。宮城も「この前、地元に帰ったら、『癖が強い』って言われたよね」とコメントした。

 そんな宮城は、鈴木とギャル雑誌「Ranzuki」のモデルとして同時期に活躍。当時を振り返ると、「(モデルの中でも)すず、ダントツで黒かった」と暴露し、鈴木も「集合写真のとき、あやだけギャル男みたいだったの」と恥ずかしそうに笑っていた。


©AbemaTV


『#SHIBUYAbema』は毎週木曜日 22:00〜23:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000