中村アン、黒木メイサの美ボディをつくりあげた自宅でできるトレーニング

 中村アンや黒木メイサ、道端アンジェリカなど、多数の芸能人やモデルの美ボディを作り出してきたカリスマトレーナー・AYAが、28日放送の『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)にゲスト出演した。

 大学卒業後、ジムトレーナーを始め、モデルとしても活動していたというAYAの、無駄のない、引き締まったスリムボディに、レギュラー陣からは感嘆の声が上がった。AYAはアメリカで出会ったという「クロスフィットトレーニング」を提唱しており、「日常生活で必要最低限の筋肉しか鍛えない。

 ボディビルディングとはまた違って、魅せる筋肉というよりは、動かす筋肉を養っていく内容。動かしているだけで、勝手にいい身体のラインができてくる。あえて(筋肉を)膨らますんじゃなく、不自然な身体のラインができないのが魅力」と紹介した。さらに「クロスフィットでは、足先から指先まで全部使うので、ここの部位だけっていうより、基本的に全体がシュッとなってくる」と語り、部分痩せではなく、バランスのいい身体がつくれるという。期間的には、「ベースができるのが3ヶ月。3ヶ月は頑張って続けてみて」と話した。

 ここで、スタジオでトレーニングを体験することに。お腹を鍛えるトレーニングとして、ヒップを引いて、両手をバンザイして、お腹を締めながらしゃがむスクワットを開始すると、番組レギュラー陣(南圭介、みっつ、あべかすみ)は上々の出来。そこで応用編で、最初にジャンプをプラスして負荷をかけるスクワットを始めると、レギュラー陣はうめき声を上げながらもなんとか食らいついていた。

 次に、お尻を鍛えるトレーニングとして、気をつけの状態から一歩前に踏み出して、反対の足を膝立ちにするランジステップをスタート。これも最初にジャンプをプラスして負荷をかける応用まで行い、レギュラー陣はヘロヘロになっていた。

 AYAによると、美ボディをつくる秘訣は「お腹の奥に力をいれることを忘れずに。いい姿勢をキープすることで、いろんなことに効いてくる。常に体幹を意識すること」だという。クロスフィットトレーニングをすることで、「ただ細いだけじゃない。細い身体に筋肉をつけたら本当にかっこいい筋張った身体になります」とアピールした。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000