『ザ・ビートルズ』の新作ドキュメンタリー、予告編が世界一斉解禁 伝説のライブ映像も4Kリマスター版で上映

ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描き、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』(9月22日(木・祝)より全国公開)。予告編が全世界で一斉解禁、さらにファンにとって伝説となっている、1965年8月15日の“シェイ・スタジアム”のライブ映像が4Kリマスター完全版となり、全世界で同時上映することが発表された。

今回公開された予告編では、楽屋で鏡に向かい身支度をする4人や、記者会見でおどける様子など、20代の若者らしい姿が「デイ・トリッパー」「ヘルプ!」に乗せて映し出される。熱狂の中で始まった世界ツアーの様子では、1964年2月11日のワシントンDC公演や、1965年8月1日のイギリスABCのテレビ番組『ブラックプール・ナイト・アウト』出演の様子など、当時モノクロだった映像がカラーで鮮明に蘇っている。さらに、50年前の来日時に4人がハッピをきてタラップを降りてくる有名なシーンも使われていて、本編にも日本のシーンが使われていることがわかる期待が高まる映像となっている。

またツアー活動を停止した翌年の、1967年6月に発表されたアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されている「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」にのせて、ビートルズの4人が新たな場所へ変化を求めていった心境を語るシーンがある。これはツアー中心の活動から、スタジオでの創作活動へと変化していくきっかけとなっていくことを匂わせている。


『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』は9/22(木・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開

(C)Apple Corps Ltd.



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000