記憶と人格を失った「CIA最強の暗殺兵器」ジェイソン・ボーン 超絶アクションの歴史

「ボーン」シリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』(10月7日(金)公開)。マット・デイモンの来日決定を記念し、本シリーズの過去映像を日本のファンに向けて編集した、特別映像が解禁された。


特別映像は、前作から約9年ぶりに帰ってきたジェイソン・ボーンの過去シリーズ3部作を振り返り、ファンの記憶を呼び覚ます。先日発表されたマット・デイモン来日決定に大いに沸いている日本のファンのために、ユニバーサル・ピクチャーズが製作した「ボーン」愛満載のスペシャル映像だ。

記憶を失い、人格を奪われ、CIA最強の兵器となった男、ジェイソン・ボーン。自身の記憶を取り戻すため、シリーズで経てきたCIAとの壮絶な戦いの一端が次々と映し出される。後のアクション映画に多大な影響を与えた格闘シーン、息もつかせぬカーアクション、そして次々と送り込まれる暗殺者たちとの死闘。そのすべてが世界中のアクション映画ファンが熱狂させ、魅了した。前作『ボーン・アルティメイタム』のラストシ-ンから、新作『ジェイソン・ボーン』へと映像がつながる。

あわせて「THE BEST OF BOURNE」と題した3つの特別映像も一挙解禁。これらの映像は、「ボーン」シリーズの魅力を余すところなく伝える目的で、シリーズの重要な要素である“格闘シーン”、“カーチェイス”、“ロケーション”の3つのテーマで、それぞれまとめられております。シリーズの象徴ともいえる格闘シーンにフォーカスを当てたファイト編では、ペンや本、タオルなど身近なものを武器として使いながら、襲い掛かる敵を倒すシリーズならではの数々の名シーンが。追っ手から逃げるボーンには欠かせないカーアクションをまとめたカーチェイス編では息もつかせぬ逃亡劇を映し出す。

パリ、ベルリン、ロンドン、ニューヨーク、タンジール、マドリッド、モスクワと世界を股にかけCIAと戦ってきたボーンの軌跡を振り返ったロケーション編では、各地に神出鬼没に現れる様や、ファンにとってはおなじみの電話シーンなどが挿入されている。


「THE BEST OF BOURNE/ファイト」

「THE BEST OF BOURNE/カーチェイス」

「THE BEST OF BOURNE/ロケーション」

記憶を失い、愛する者を奪われた最強の暗殺者=ジェイソン・ボーン。かつてない臨場感と極限のリアリティで世界中の観客を熱狂させ、21世紀の映像表現に革命を起こしたアクション映画の金字塔「ボーン」シリーズが、ついにスクリーンに帰ってくる。

最新作では、全世界が待ち望んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのシリーズ最強タッグが復活し、さらに本年度アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル、そしてトミー・リー・ジョーンズやヴァンサン・カッセルといった名優が新たに加わる事が決定。孤高の暗殺者の物語は、遂に<新章>へと突入する。


『ジェイソン・ボーン』は10月7日(金)公開

(C) Universal Pictures

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000