ザ・たっち、過去の壮絶な仕事を振り返る 「ジャングルで野宿」「1週間毎日1キロの肉」

27日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』に、双子お笑いコンビのザ・たっちが出演。「過去の壮絶な仕事」を振り返った。

1)1週間、カルビとハラミ生活

1日1 キロ、たくやがハラミ、かずやがカルビだけを1週間食べるという番組企画。期間中はご飯や野菜など、肉と水以外はNGだったといい、朝昼晩、とにかく肉三昧。

「朝6時くらいに、スタッフさんが来て、家で焼肉やって、昼も焼肉弁当(ご飯なし)、夜はまた焼肉屋さんに…」(たくや)

という生活を続けた結果、2人とも2 キロ痩せ、中性脂肪だけがバーンと上昇。特にカルビのほうが上昇率が高かったという。ちなみにこの時の肉はかなりの高級肉で、「(そういういい肉は)2枚食ったら、(もう)いらないんですよ…」と贅沢な悩みを明かしていた。


2)ジャングルで野宿

インドネシアのジャングルで1週間野宿し、幻のサイ“ジャワサイ”を見つけるというもの。

「23区の倍の広さに、70頭くらいしかいない、見つかるわけないんです。 虫多いし、お風呂入れないし。 テントの上を普通にサソリが歩いて行ったり、ゴキブリの巨大なのが(寝ている横を)這って行ったり…。暑くて40度位あるので眠れないし、毎日午前2時くらいにスコールがあって、テントが潰れそうになるんです。浸水してくるので、びしょ濡れになって抑えて」 (かずや)

という厳しい生活で、結局探せなかったそうだが、「帰れるという喜びが大きかった」のだとか。ちなみに番組メインパネラーの長谷川まさ子氏(53)に、「断る」という選択肢はなかったのかを尋ねられると、たくやは「お正月のゴールデンというのに惹かれました」と苦笑していた。


 3)3日間寝ずにテディベアを作る

かずやが「精神的にきつかった」と漏らしたのがこの企画。何人かで、誰が寝ないで作り続けられるかという耐久レースで、その間には癒し系の曲がかかったり、薄暗くなったりなど、眠くなりそうないろんな罠があり、それらも乗り越えられるかどうかが問われる。

「僕らは几帳面なんで、結構丁寧にテディベアを作っていたんですけど、(共演の)金萬福さんが、それを盗むんです。金萬福さんが作ったテディベアは全然かわいくなくて、そのへんに落ちてるんです。それがキツかったです」(かずや)

と、寝ないことに加えて努力が“横取り”されるツラさもあった様子。


なお、いちばんつらかったのは「なんだかんだで、ジャングルより肉」(たくや)。高級肉とはいえ、1週間それだけを食べ続けるのは相当辛かったようで、「もう一回きたらお肉はやりたくないですね……」と呟いていた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000