高島礼子主演ドラマ、今期民放ドラマ平均視聴率で1位発進

覚せい剤取締法違反(所持)で起訴された元俳優、高知東生被告(51)と元タレントでクラブホステスの五十川敦子(33)被告の初公判が8月31日に開かれることが報じられた。

妻で女優の高島礼子(52)のもとには、高知から弁護士を通じて離婚届が届けられたという報道もあるなか、27日放送のAbemaTV『芸能㊙チャンネル』では、高島が主演を務めるどラマ『女たちの特捜最前線』が2016年7月~9月期の民放テレビドラマ平均視聴率で1位を獲得していることが話題にされた。

同ドラマの平均視聴率は11.6%で、『仰げば尊し』と同列1位。3位以下、10位までは


『家売るオンナ』(11.3%)

 『はじめまして、愛してます。』(10.7%)

『刑事7人』(10.3%)

『営業部長 吉良奈津子』(10.2%)

『好きな人がいること』(9.7%)

『そして、誰もいなくなった』(9.6%)

『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(9.0%)

『せいせいするほど、愛してる』(7.8%) 


と続いている。高知被告と交流があり、高島とも親交が深い番組MCの南圭介(31)は、「勇気をもらうというか…」と、厳しい局面にあってもドラマでは数字をとる高島の女優魂に、言葉を詰まらせていた。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000