東京都議の若手議員が徹底討論 「次の都知事に求めるもの」

7月31日に迫った都知事選の投開票日。21人が立候補したが、一体誰が当選するのか。26日に放送されたケンドーコバヤシがMCを務めるAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』に都議会の若手議員が緊急出演し、これからの都知事にはどういった人がふさわしいのか討論が行われた。


番組ではまず、「いま求められる都知事像とは…」ということで各議員が意見した。


東京都議会自由民主党 川松真一朗都議:「クリーンさ、政策実行力・推進力」


都議会公明党 斉藤泰宏都議:「都職員をマネジメントする実行力」


日本共産党東京都議会議員団 米倉春奈都議:「都民の声に耳を傾けられる人」


都議会民進党 西沢圭太都議:「常識的でクリーン、現場主義を貫く」


かがやけTokyo 音喜多駿都議:「都政・都議会の体質改革できる人」


無所属 塩村文夏都議:「議会改革、優しい政治ができる人」


舛添要一元都知事の問題もあり、次の都知事にはクリーンさを求める意見が多く聞かれた。しかし、ケンドーコバヤシが「あまりクリーンクリーンと言うと都知事をやれる人がいなくなるんじゃないですか? 僕の周りにはクリーンな人なんかいませんよ」と話した。


米倉都議が「審議をするときに資料が黒塗りにされていることがある」ことを暴露すると、番組出演者からは「そんなことがあるんですか?」という驚きの声が上がる。他の議員も「確かに資料が黒塗りにされていることがある」と認めた。



火曜コメンテーターの慶応大学特任講師の若新雄純氏は、「舛添さんより石原さんの方が使った額は多かったかもしれないのに問題にはなりませんでした。それは大きな成果を出したからなんです。今度の知事には大きな成果を出すことに期待したいです」と意見。

さらに若新氏は「都はめちゃくちゃ大きな会社であって、めちゃくちゃ儲かっているんです。その儲かったお金を未来のために使ってほしい。腐敗を防ぐためにオープンにしていくことが大事だと思います」と述べた。


音喜多議員によると今まで都議会では非公開のものが多かったそうだ。それを公開していってほしいと意見した。



「今日の話を経て、求めるものはクリーンよりオープンに、ということだと思う。峰さんの胸元みたいにオープンに」と、セクシーなドレスを着ていたこの日のコメンテーター・漫画家の峰なゆか氏を見てにやにやしながらケンドーコバヤシは最後に番組を締めくくった。

ケンドーコバヤシは最後に笑いで締めくくったが、確かによりオープンにすることができる人が今求められている都知事像なのかもしれない。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000