りゅうちぇる、通販番組「ジャパネットちぇるた」のMCに挑戦

前回、「ちぇる散歩」で下北沢界隈をざわつかせた『りゅうちぇる×ちゃんねる』。22日の放送では4月に放送し好評だった通販番組「ジャパネットちぇるた」に再び挑戦することとなった。

あれから実際に通販番組に出演し「商品(アイス)を売った」という、りゅうちぇる。しかし、その際は相方のぺこりんが頑張ったそうで「僕はチャチャ入れみたいな感じだった」と謙虚さをのぞかせるも、「今日はちょっと違うかもしれない」と自身もちらつかせた。スタッフから「心の準備はいいですか?」と聞かれ、りゅうちぇるは「心の準備、ひーひーぷー」と謎呪文を唱え、番組が始まった。

「ジャ〜パネット、ジャパネット、夢のジャパネットちぇるた〜」前回同様、今回も通販番組のプロ・ムッシュ中島さんをアシスタントに迎え、替え歌もバッチリ。1つ目の商品は、掃除用品「パルスイクロス」。りゅうちぇるが商品の説明書を一通り読み、大体わかったところで、「実演してみましょう!」というムッシュの一声でりゅうちぇるの商品説明が始まった。

まず、パルスイクロスを手にしたりゅうちぇるは、トゥルルルルル〜♪と、マジック(手品)の場面でよく耳にする音楽を口ずさみながらテーブルの上にあった油性「マジック」を雑巾で叩いて強引に消して見せた。



しかし、ムッシュに「面白いけど、通販になっていない」と言われた為、商品説明を開始。

「すごい毛むくじゃらでしょう?12mの長い毛足で汚れをキャッチする。汚れがなんか本当にヤバイところでも、とりあえず水に濡らすじゃん。ほしたら繊維が再び枝分かれ。汚れをうかれて離すの」と先ほど記憶した説明を思い出しながら、自分の言葉で紹介。ムッシュも「うかれて離しちゃうの?うかれちゃうんだね。汚れが」と調子よくアシスト。テーブルの上に用意された水でクロスを濡らし「普通のぞうきんみたい」とコメント。ところが、油汚れの酷いタイルをそれで拭くと…

汚れが落ちてピッカピカに。


「ガチで感動」したりゅうちぇるは、「絶対高いじゃん。多分これ8万ぐらいはするじゃん」と前ふりしつつ「なんと、906円でーす!」と通販番組のテンプレートのようなやり方で値段を説明して紹介が終了。ムッシュは「この間より全然いい!」と、成長したりゅうちぇるを褒めた。

その後は、ムッシュが同じ物でお手本を見せることに。りゅうちぇるが最初にマジックで使用した油性マジックは、マジックで消すための物ではなく、普通の雑巾とパルスイクロスの汚れ落ちを比較するために使う物だったことが判明。

りゅうちぇるは、「知らなかったじゃーん!」とリハーサルなしで道具の使い方など何も聞かされていなかったことをチクチク言いつつ、ムッシュのお見事な商品説明に「マジやばい」「これすごい!」「わかりやす〜い」など通販番組ならではの驚きコメントを連発。そして、ムッシュの見本を踏まえ、もう一度パルスイクロスを紹介してみることになった。

りゅうちぇるは商品を手に「まず、かわいい〜!」と言い出し、パルスイクロスをズボンに挟んで「最新ファッションとしても(いける)」と言い、ムッシュも「原宿あたりで流行るかもしれない」といい声でアシスト。「実はファッションに使わないの!」と、思わせぶりな紹介から始めた。そして、普通の雑巾と汚れ落ちの比較。ムッシュにはなかったポップさを演出していた。

さらに、汚れが綺麗に落ちる解説をしようとした際、パルスイクロスを「このピクルスふきんは…」と間違え、12ミリの毛足を説明しようとして「12ミソ」と言う珍説明の場面もあった。さらに値段の紹介では「いくらだと思う?これ手品でも使えるから!」とまたもやマジックでマジックを消して見せ、「ロフト的な所とか色んな所で、明日から買えます!」と紹介終了。


ムッシュは「少し良くなったんじゃないですかね。けど、通販番組としては成り立ちませんよ。りゅうちぇるの世界を理解していただける方だったらこれも通用する」と、通販番組のプロ流に軽くダメだしをした。

番組では、りゅうちぇるが紹介した後にムッシュがプロの解説をするという流れで「調理用品 ベジタブルカッターニューキャベック」「美容器具 ワンダーコアツイスト」「健康器具 足裏健康ロングマット」を取り上げた。


ジャパネットちぇるた・セカンドシーズンの判定は、残念ながらファーストシーズンと同じ「がんばりました」。スタッフからは「成長がみられなかった」という評価だったが、ムッシュからは「僕からしてみれば進歩はありましたよ!」と力強いお言葉をいただいていた。


1つ目の商品紹介で、マジック(手品と文房具)を消す(手品で消すと汚れを消す)がなぞかけのように掛かっていたのは、偶然か計算か。来週も注目したい。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000