高須クリニック院長がまたしてもバブリーなツイート 『坊主麻雀』に500万円を寄付

高須クリニックの高須克弥院長(71)のTwitterでのバブリーな言動が話題となっている。

高須院長といえば、23日、「明日の朝は地獄の黙示録みたくヘリコプターでポケモン狩りする」と空からのポケモン狩りをTwitterで宣言し話題になったばかり。24日には妻・西原理恵子(51)と実際に狩りを楽しむ様子を写真とともにTwitterにアップし「セレブすぎる捕獲方法!」「さすがバブルの生き証人」と注目を集めた。しかし、翌日25日にも高須院長はさらなるセレブ発言を投稿。わたしたちに話題を提供してくれた。

その投稿は「優勝賞金を500万円追加寄付したぜ。金払って坊主になったら、わしは聖者だぜい!」というもの。


高須院長が寄付したのは、31日午後8時から放送される『坊主麻雀<第二弾>~優勝賞金は500万円! 負けたらその場で坊主!~』(AbemaTV)の優勝賞金。同番組では優勝者には賞金500万円が与えられ、最下位の者は放送中に丸刈りにされるという古き良き時代を思い出させるかなりバブリーな番組。前回はAbemaTVの藤田晋社長(43)が優勝し、賞金の500万円を熊本に寄付。お笑いコンビ・ペナルティのワッキー(44)が最下位となり、丸刈りとなった。

そんな『坊主麻雀』の第2弾では、高須院長は自身のポケットマネーからこの優勝賞金に500万円をさらに追加。合計金額1000万円と、優勝賞金は一気に2倍に。

今回は高須院長のほか、藤田晋社長、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(43)、借金800万を背負うお笑い芸人の岡山陽一(34)が出場する。


この対決にあたり出場メンバーは、「不安はない。感じる必要はない。命を取られるわけではないので」(堀江)「チキンと言われるくらいなら、かっこよく華と散ってみせようかな」(高須)「何をしてでも勝つ。どんな手を使ってでも!」(岡野)、「前回のメンバーより嫌ですね。何が起きてもおかしくない」(藤田)とそれぞれ心境を語っている。

しかし、高須院長は25日のTwitterで「坊主麻雀の予行演習したら、わし一人負け( 。゚Д゚。)。毛のない雀士がダントツだ!畜生!」と、練習試合で坊主の雀士に負けたことを告白。本戦ではどのような戦いになるか注目だ。



■番組概要

Abema TV 『坊主麻雀<第二弾>~優勝賞金は500万円!負けたらその場で坊主!~』

放送日程:2016年7月31日(日)

放送時間:夜8時~深夜2時

出場者:堀江貴文・高須克弥・岡野陽一・藤田晋

MC:児嶋一哉(アンジャッシュ)

解説:福地誠、多井隆晴

実況:高橋大輔

放送チャンネル:AbemaSPECIAL

番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/P3YCszthijb

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000