K-1 王者・武尊、美人OLに腹筋を触られる

立ち技格闘技の世界最高峰・現K-1 WORLD GP -55kg王者の武尊(24)が25日に放送された『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)に登場。番組MCの俳優・南圭介(31)の尻にキックを入れるなど、その能力の高さをトークと動きで存分に見せた。

武尊がK-1ファイターを目指したきっかけは、故・アンディ・フグの試合を見たこと。元々は空手のジャンルを極めてK-1に出られると思い、小学校2年生で空手を始めたという。最初は勝てなかったようだが、高校ぐらいになってから本気でやっていこうと決めたので、それぐらいから気持ちで負けたくないという気持ちが強くなり、メキメキと頭角を現していった。


K-1でチャンピオンになったものの最近はテレビのバラエティ番組にも出演中。その番組について武尊はこう語った。

「色々させてもらっていますが、温泉番組にも出ました。オーディションを受けたのですが、とりあえず、色々なジャンルに出てK-1を知ってもらいたいのでオーディションを受けています。そうしたら、まさかの温泉番組のオーディションに受かってレギュラーを獲得した。脱いで、体を出すような感じで出演しています」


そんな武尊は、6月24日に小澤海斗戦で勝利したばかりだが、この日の出演時の体重は試合体重よりも10kg重いのだという。そうしたことを明かした後に、プライベートも明かしたが、ファーストキスは海でしたこと、好きなタイプはショートカットで笑顔が素敵な人などを明かした。さらには、モデル・田中美保が好き。女性のタイプは上は60歳までOKで。美魔女みたいな人からもてあそばれたいとも語った。

「もっとモテたい。だからベルト持ち歩いている。目立てばモテるじゃないですか?」

このような発言もし、番組出演者の芸能リポーター・駒井千佳子氏から「これだけ述べるのにあどけない笑顔!」と仰天され、番組アシスタント女性「みっつ」からは「触りたい! 見たいです。だめですか?」と腹筋を見せてもらうよう要求された。

そうして、駒井氏とみっつとで見事なまでにクッキリと割れた武尊の腹筋を触り、その感触は「固いのにしっとりしている」「若い子の肌」とのこと。


そして、最後は武尊が南の尻にキックするという展開に。南は悶絶したが、武尊は0.5%の力しか出していないと説明するなど、世界チャンピオンの実力を見せつけた。

©AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000