ライブ20本の収入が12000円 若手吉本芸人の自宅に潜入

住宅の確保は人生にとって基本だが、果たして貧困のイメージがある若手芸人はどのような家に住んでいるのか。吉本興業在籍のお笑いコンビ・スクールゾーン(橋本稜・俵山峻)の家が22日に放送されたAbemaTVの報道番組『Abema Prime』で紹介された。

この日は、日本国内で増加している空き家をいかにして活用するかがテーマとなったのだが、この一環として、あまりお金のないスクールゾーンに意見を聞くという体裁となった。

実際に2人が住む東京都中野区のアパートにカメラが入った。2人が住む部屋は2Kの賃貸住宅。バス・トイレ別で、橋本が9畳の部屋を使い、俵山が4畳半の部屋を使っている。

「俵山は僕らのできるMAXの贅沢。背伸びして8万円です」と胸を張った。

現在二人は親からの仕送りと、バイト、それに先月は20本のライブに出て稼いだ12000円で生活を成り立たせているという。

番組キャスターのテレビ朝日・小松靖アナから「空き家を低所得者・高齢者に、補助が出たら利用したいですか?」と聞かれ、2人は「是非お願いします」と切実な胸の内を語った。

小松アナは「芸人はいい部屋に住まなくてはいけないといいますよね。野望を持って住まなくては、ですよね」とさらに呼びかけ、2人は「お願いします!」と訴えた。


「AbemaPrime」毎週月〜金曜日 21:00〜23:00 AbemaNewsチャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000