なつぅみ、鈴木あやに言いたい放題 「おいペチャパイ」

 21日、渋谷のパーティーロッカーことあっくん(29)と雑誌「S cawaii!」などで活躍するモデル・鈴木あや(26)がMCを務める『#SHIBUYameba』第15回が放送された。メイン企画である#SHIBUYameba芸能部では、今回はネオギャル界の若きリーダー・なつぅみ(23)とともに、渋谷周辺で活躍する才能豊かな人々を発掘する。

 なつぅみと鈴木、あっくんは数年来の友人ということもあり、序盤から軽快なトークを展開。なつぅみは胸がEカップだと告白し、貧乳に悩む鈴木を「おいペチャパイ」と呼んでいたことが明らかに。また、「すずさん子供すぎて、いつも私があやしてる」と言いたい放題ながら、普段から仲がいいことを窺わせた。

 番組の後半で3人は「エアリアルシルク」の教室に潜入。中では講師たちが天井からぶら下がった布に捕まりながら、次々とアクロバティックな動きを繰り出していた。

 早速挑戦したあっくんは、紐から逆さまにぶら下がると、「脇腹が痛いよ」「頭に血が上る」「ゲロ吐きそう」と言いながら、課題のダンスをあっさりクリア。なつぅみも器械体操をやっていただけあり、上級の動きまで次々とこなしていく。

 一方、鈴木の動きは毎度お馴染みの不格好ぶり。初級の動きの時点で「なんかダッサいんだよなあ」とあっくんに言われ、なつぅみにも「これ(放送)事故だよ」「すずさんセンスない」と笑われてしまう。あっくんは「ケツに紐が食い込んでる」「カメラにケツを向けろ」とセクハラ発言を連発。鈴木は「こわいこわい」「もうやりたくない」と泣き顔を浮かべ、そんなあっくんに構う余裕もなくギブアップ。「あや(逆の意味で)さすがだね」とあっくんに感心されていた。


©AbemaTV


『#SHIBUYAbema』は毎週木曜日 22:00〜23:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000