三浦春馬、ミニスカ&ヒール姿が反響! 「実は前から女性っぽい一面あった」との証言

俳優の小池徹平(30)、三浦春馬(26)が主演するブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」が、21日に公演初日を迎え、公開稽古が行われた。

劇中でローラというドラァグクイーン役を演じる三浦は、女装姿のままで会見に登場。真っ赤に光るミニドレスに、12センチヒールで、見事にしまったヒップを披露した三浦に、小池は「どんどん女の人に思えてくる。変な錯覚に陥るくらい」とコメントした。


また、女装メイクは「箇所、箇所」で自分でもできるという三浦だが、「日頃はやりませんよね?」という質問に「楽しいですよね、メイク」と爆弾発言。これには小池も「日頃もやってるってこと?」と驚いていた。

さらに、私生活でも「女性の動きに目が行くことが多くなった」という三浦。洋服を買いに行って試着をするときに、つい女性っぽい動きをしてしまうという。これに小池も「(普段)写真撮ってっていうときに、女性っぽいポーズするもんね。『ローラになってるよ』って」と暴露していた。

この模様を報じた『芸能㊙チャンネル』(AbemaTV)では、芸能リポーターの島田薫氏(49)が「(三浦の)インパクトが強すぎて、出てきた瞬間、これすごいわ!って。身長も高いし、体もつくってるから、迫力に押されちゃって。でも女性っぽいところもあって、まさにドラァグクイーンだな」と、取材時の様子を紹介。「ミチェルさんという演出家がアメリカから来てるが、すごくテンション高い。2人とも演出家にすごい気に入られているみたい」と明かした。


番組MCで俳優の南圭介(30)は、三浦とは仲が良いそうで、三浦について「飲みに行くと甘えたり、かわいらしい部分が出てくる。そういう(女性っぽい)一面も持ってるんじゃないですかね」と話すと、番組アシスタントでサイバーエージェント社員の蜜山礼巳氏は「肉体はしっかりしるけど、所作がキレッキレでセクシー」とコメント。島田氏も「あのヒップを生で見せてあげたい」と熱く語り、スタジオは興奮気味だった。


©AbemaTV


『芸能㊙チャンネル』は毎週月〜金曜日 17:00〜18:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000