ロッチ・コカドに猛アタックされた瑛茉ジャスミン 「瑛茉の“初めて”になる?」

 20日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第15回が放送された。今回はモデルの瑛茉ジャスミン(21)と、2度目の出演となるロッチのコカドケンタロウ(37)とともに、瑛茉が以前住んでいたという恵比寿を散策。生放送にも関わらずコカドが瑛茉に猛アプローチする一幕があった。

 敬語をあまり使わず天真爛漫にトークを展開する瑛茉に、コカドは「無邪気な子が大好きだからドンピシャやわ」とメロメロの様子。しかし瑛茉はこれまでかなり年上の人とばかり付き合ってきたと言い、「(コカドは)38歳かー、若いなあ」とやんわり拒否。

 そんなやりとり見ていた若槻は「(コカドさんが瑛茉を見るのが)恋してる顔」とツッコミを入れ、「あとは2人でやってくださいよ~」と投げやり気味にロケを進行。「あわよくば抱こうとしてる」「ちらちら胸見てる」「この人、きょう抱こうとしてますよ!」と呆れ顔だった。

 コカドは「日本人らしい見た目の子が好みやけど、性格がすごい好き」とその後も大好きアピール。そんなコカドに心をほだされたのか、瑛茉は「じゃあ瑛茉の“初めて”になる?」と発言。若槻とコカドは「え!どういうこと!?」と慌てるが、瑛茉いわく「(年の比較的近い)若い人が初めてっていう意味ね」とのこと。若槻は「処女かと思った!」と生放送とは思えないツッコミを入れていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000