ロッチ・コカド、男の浮気について語る 「風俗はOK、キャバクラはよくない」

 20日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第15回が放送された。今回はモデルの瑛茉ジャスミン(21)と、2度目の出演となるロッチのコカドケンタロウ(37)とともに、瑛茉が以前住んでいたという恵比寿を散策。ここでコカドの女性好きな一面がボロボロと明らかになった。

 番組の後半で訪れた「ふたご」では、コカドが現在狙っている女性について告白。一番最近のキスについて話題が及ぶと、10日程前にもその女性とキスしたと明かす。若槻と瑛茉は「付き合ってないのに!」と呆れ顔を見せた。

 コカドは浮気についても「したことある」とぶっちゃけトーク。また、彼女がいる時でも風俗に行くのは“アリ”だと語り、「風俗はお金を払ってそういう行為をしてもらうわけだから、そこで割り切っている。キャバクラは恋愛っぽさがあるから、むしろ(気持ちの面では罪深くて)よくない」と自論を展開。女性陣から「キャバクラは接待でも行くから」「あそこはお酒を楽しむ場所だよ」などと猛反発を食らっていた。

 一方の瑛茉は1月に「ラストキス」という番組に出演。そこで共演したサッカー日本代表の太田宏介としたのが一番最近のキスだという。瑛茉が「1日だけだけど、ガチで恋しました」「2、3日は引きずりました」と語り、連絡を取りたい気持ちがいまだにあると語る。それでも躊躇しているのは、かなり年上の人が好きなため、「相手が28歳で若かったから……」とコメント。若槻とコカドから「若くないわ!」「(年齢のつり合い的に)ぴったりだわ!」と攻撃されていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000