藤田ニコルとフジモン、大橋巨泉さん追悼 「ニックネーム付けてほしかった」

7月20日に放送されたAbemaTV『原宿アベニュー』では、同月12日、“マルチタレントの元祖”大橋巨泉さん(享年82)が急性呼吸不全のため死去していたことについて報じた。同番組でキャスターを務める藤田ニコル(18)は「ニックネーム付けてほしかった」と悔やんだ。

長い闘病生活を送り、最後は眠ったまま静かになくなったという巨泉さんは、ジャズ評論家や放送作家を経て、テレビ司会者に転身した経歴を持つ。エッセイストやギフトショップの経営者といった顔も持ち、マルチな才能を発揮していた。同番組では、そんな巨泉さんが出演していた、主なテレビ番組を紹介。

「小学生のときは『クイズダービー』なども見ていたよ。子どもながら、大物やなと思っていた」とお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史(45)。「石坂浩二さん(75)のことを(本名の武藤兵吉から取ったあだ名)『兵(へい)ちゃん』って呼んだりして、ニックネームを付けるのも上手かったんですよね」と振り返った。

一方のニコルは、巨泉さん出演の主なテレビ番組を記載した一覧表を見て「(冠に)自分の名前を付けた番組がいっぱいですごいですね!」と驚きの表情。「ニックネーム付けてほしかった~」と残念がると、「『にこるん』ってあるやん!」と藤本から突っ込まれていた。



©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000