セクシーシーンにも挑戦、NGT48北原里英 「色々と挑戦できるアイドルという道を選べてよかった」

「AbemaTIMES」では、蛭子能収主演の映画『任侠野郎』に出演した、北原里英(NGT48)にインタビュー。もともと女優志望だったという彼女は、近年アイドル業以外での活躍も目覚ましいが、「いろいろと挑戦できるアイドルという道を選べてよかったと思います」と自身の歩いた道を述懐する。今作ではセクシーなシーンにも挑戦した北原里英に話を聞いた。

――映画『任侠野郎』、観る前はコメディーだと思っている人が多そうですよね! 

誰もが最初、コメディーだと思いますよね(笑)。わたし自身、撮影現場で独特のほんわかした雰囲気の蛭子さんと過ごして、佐藤二朗さんとのシーンはコミカルな場面が多かったですが、完成した作品を観たら、しっかりした王道の任侠映画になっていました。


――コミカルな展開に加えて、実はセクシーなシーンも多かったですよね。 

むしろ、セクシーオンリーみたいな感じはありますよね(笑)。男性陣が熱いバトルを繰り広げていくなかでの、箸休め的なシーンになるのかなって、自分では思っていました。ちょっと笑いもあって、ちょっとセクシーな場面を担当するようなイメージ。


――セクシーなシーンって、難しそうなイメージがありますが、どうですか??? 

意外と? 得意な分野なんです(笑)。監督だけでなく、佐藤二朗さんともお話をしながら、段取りを決めていました。二朗さんがリードしてくれて見せる度合いを決めていって、めっちゃパンツが見えているシーンなどは監督さんとカメラさんと決めました。


――佐藤二朗さんは監督もしているので、とても緻密にお芝居を組み立てますよね。 

そうなんです。アドリブのイメージがあると思うんですけど、でも全然そんなことはないんです。撮影日の朝、監督にアイデアを相談して、テストと本番で同じ段取りでふざけているんです。本当に一流の役者さんだなって、思いました。


――こういう女優の仕事とアイドルの仕事を比べてみて、想うことはありますか? 

もともと女優になりたかったんです。まだまだこれからなんですけど、そのために上京したので、自分にとって本当にやりたかったことなのでうれしかったです。でも、アイドルという職業も楽しくて。アイドルだからこそできた仕事もたくさんあるんです。


――アイドルほど、多面的な才能を求められる仕事もないような気がしますよね。 

一番いろいろなことができる職業だと思います。歌だけじゃなく、ドラマ、バラエティー、ラジオ、そういうマルチな経験をさせていだける職業についたことが、自分にとってよかったことです。いざやってみると、自分は何ができて何ができないのか、よく分かります。


――自分が何が得意か不得意か、自分自身のことがわかる仕事と言えそうですね! 

そうですね。ラジオのほうが自信を持って話せるとか、発見でした。でも、もし最初から女優になって、それだけやっていたら、自分がラジオが得意ということさえわからなかったはず。だから、いろいろと挑戦できるアイドルという道を選べてよかったと思います。

映画『任侠野郎』は、大ヒット上映中!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000