杉浦太陽、結婚10周年目で妻からのあだ名が変化 「たーくん」から「たーたん」に

 19日、タレントの杉浦太陽がレギュラー出演中の『原宿アベニュー』で、同日が自身の結婚記念日であり、この日に結婚10周年を迎えたことを幸せいっぱいの様子で報告した。

 視聴者から「おめでとう」というコメントが届いた杉浦は、この生放送の前に、妻・辻希美と結婚10年記念のペアリングを選んだことを告白。辻のブログにも「10年目の私たちにぴったりのリングを発見しました」「たーたんありがとう」と書かれていたことが明らかになった。

 杉浦は「今まで『たーくん』と呼ばれていたんですけど、10年目に入ったのを機に、急に『たーたん』に変えたいと言われたんです」「だから俺もきょうから『のんたん』と呼ぶことにしました」と語り、共演者たちからも「おー」という感嘆の声が上がった。「俺は生放送で何を言っているんだ」「ホントにごめんなさい」と照れ笑いを浮かべつつ、スタジオに幸せオーラを“おすそ分け”。テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーから「ごちそうさまでございます」と丁寧に頭を下げられていた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:30〜20:00「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000