イギリスのEU離脱で、日本の町田市が東京都を離脱? 当事者らが見解を述べる


昨今イギリスのEU離脱や、スコットランドのイギリス離脱など、領土や主権問題がクローズアップされているが、日本国内の一部で話題になるのが東京都町田市だ。東京都と神奈川県の境にあり、時に「神奈川県町田市」と言われたりもする。



18日に放送されたAbemaTVの報道番組『AbemaPrime』では、この件についての深堀り議論が行われた。まず、番組では町田市民の声が集められたが、そこでは「都民がいい」「正直そんなに困らない」「日頃から神奈川、神奈川と言われるのであんまり気にしない。どっちでも気にしない」などの意見が出た。

また、町田の近くの神奈川県大和市民からは「町田って東京都なんだ? 遊んだり飲んだりするのは町田なので、神奈川県であるぐらいの意識を持っていた」との声があがり、隣の相模原市民からは「問題ないです」や「神奈川県であるのが適切です。東京じゃないもん、偽東京ですから。神奈川県でいいと思います」といった意見も出た。


一体この問題、地元の人はどう捉えているのか、「町田経済新聞」が町田市民に意識を調べたところ、以下の結果となった。

・東京都がいい!:38.73%

・神奈川県がいい!:26.84%

・どっちでもいい:7.09%

・独立すべき:27.34%



ここで、調査を行った町田経済新聞の宮本隆介編集長が中継で登場。同氏はこれまでの人生で30年以上町田に住んでいるという。

「私はまぁ、特に意識していません。特に東京だからとか神奈川だからとかはなく、町田は町田という感じですね」


これに対し、番組キャスターの小松靖アナ(テレビ朝日)から「ただ、意識してないってのは、この論争を意識していないってことであり、東京都民とは思っていらっしゃいますか?」と聞かれると宮本氏は「そういうことを普段思わない」と特に関心がない様子。ここで番組MCの村本大輔(ウーマンラッシュアワー)から「東京にいるメリットと神奈川にいるメリットは何ですか?」と聞かれると、宮本氏はこう答えた。

「メリットですか? なんか難しい質問ですね。町田市ってのは、神奈川中央バスが走っていたり、市外局番が相模原市と一緒だったり、街の中が相模原と入り組んでいます。JR横浜線を利用する市民が多いです。町田から駅を出ると神奈川の駅ばかりなんですよね。よく、町田は神奈川県と言われますが、私も含めて気にならない。それはそれでいいかな、という感じです。領土問題とか歴史問題とか言われても興味がないとかではなく、まわりがはやし立てるだけという感じです。町田市民は、東京都だろうが神奈川だろうと気にしていない。123年前、町田は神奈川県でしたし……」



果たして別の町田市民はどう考えているのだろうか、ここで番組では町田市議会議員の小関重太郎氏が登場した。小松アナが「宮本さんは別に意識すらしていないと言っていましたが、小関さんは町田は町田という誇りは持てますか?」と質問。それに小関氏はこう回答。


「皆、町田に思い入れは持っています。ただ、歴史的経緯として、境川を通して相模原と交流はあります。僕が住んでるのは『相原』という地名ですが、川を挟んで両側に同じ地名があります。相互交流があるので、どっちが東京、神奈川というのはないですね。町田に関しては、イギリスのEU離脱話が出てから、よく言われるようになった。確かに、行政サービスの面で見たら、町田よりも相模原の方が近いって人もいる。相模原の方が便利っていう人も多いですが……」


このように、宮本氏も小関氏も終始困惑気味だったが、村本が「この件を『東京離脱』とかけることによって、町田という名前が広まります。僕の地元の福井県小浜市が、オバマ大統領誕生の時に乗っかっていったような感じかもしれません」と、知名度向上のためには、こうしたEU離脱と町田の東京離脱をこじつけることも意味があるのでは? といった趣旨の問題提起を行った。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000