世界中で大ブーム「ポケモンGO」 日本配信が遅い理由とは?

7月18日に放送された若者向け総合情報番組『原宿アベニュー』では、今世界中でブームを呼んでいる「ポケモンGO」を取り上げた。人気のあまり、海外ではさまざまな騒動が問題となっているが、その一方で経済への影響も大きいという。7月15日の東京株式市場では任天堂株への人気がとどまることなく、1日の売上が4760億円と過去最高を更新した。

このニュースを受け、コメンテーターを務めるレッド吉田(50)は「半年前に任天堂の株買っておけばよかったよね。でもまさかポケモンGO出るとは思わないじゃん」と悔しがった。

キャスターの今井華(23)と弘中綾香アナウンサーは、ゲームボーイアドバンスなどで歴代の作品をプレイしていたというポケモン世代。吉田が「子どもの頃ハマってた子たちが、大人買いするわけでしょ」と話すと、「もうまんまとですよ。昔懐かしい私たちは」と今井もこれに頷いた。

日本でもネット上では「ポケモンGO」に関するつぶやきが飛び交っており、配信がいつになるのか、関心が高まっている。日本で配信が遅れている理由として、専門家は「大容量のサーバーを作るのに時間がかかっている可能性がある」と分析している。

日本では7月中に配信されるのではと言われている「ポケモンGO」。弘中アナウンサーは「事故も起きているということですから、マナーを守って楽しんでほしいですね」と呼びかけていた。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000