たむらけんじ、ハワイに念願の焼肉屋店をオープン 総重量1kgの丼ぶりを提供

お笑いタレント・たむらけんじ(43)がハワイの商業施設・アラモアナセンター内の「白木屋 屋台村」に、自身が経営する「炭火焼肉たむら」のハワイ店をオープン。同店では「焼肉ボウル」(約1000円)」を出しているが、これはご飯の上にソーセージと肉が乗った丼ぶりだ。また、ハワイ店限定の「富士山盛り」もあり、総重量1kgという巨大な丼ぶりも提供しているという。

たむらはこの店を出した理由について、18日に放送された『芸能マル秘チャンネル』(AbemaTV)で説明。番組MCの芸能リポーター・井上公造氏(59)にVTRで語りかけた。

「白木屋さんから、フードコートができることを聞きました。『一度出展してみませんか?』と言われ、それに『やります』と言い、何の迷いもなかったです。『炭火焼肉たむら』をハワイでも広げる意図はあります。ハワイ一号店は繁盛させたいです。他にも居抜き物件がないかと聞いている状態です。

あ、公造さん、この間はごちそうさまでした。ハワイに出すのは僕の夢でした。公造さんも好きなハワイでお店を出したので、足を運んでいただきたいです。公造さんが来た時は、料金は特別に2割増しになります」

これには井上氏も困惑気味だったが、たむらの店はさておき、現在のハワイの最新事情について、現地でラジオの仕事をするMihoko Tailor氏に井上氏が話を聞いた。

Mihoko氏によると、昨年秋から続々と色々な店がオープンし、6月にさらに白木屋ができ、アラモアナセンターのエリアが5つになったという。白木屋がある場所はジャパンビレッジということで、テーマが門前町や城下町をテーマにしており、その時代の雰囲気を感じられるそうだ。たむらの店のほか、居酒屋・白木屋の店や1ドルビールの店などもあるという。

現在のローカルの人々と観光客の割合はMihoko氏の実感だと7:3だという。また、井上氏が今年の夏のハワイのオススメスポットを聞くと、Mihoko氏はこう答えた。

「とにかくハワイはビーチが楽しんでいただけると思います。アラモアナでお買い物をし、目の前のアラモアナビーチでゆっくりしていただければ。これまでは、ビーチよりもショッピングセンターが有名なのかなと思いますが、アラモアナのビーチも素晴らしいですよ」

アラモアナでは買い物を楽しむ観光客は多いが、ビーチに行く人は割と少ないという。アラモアナのビーチは意外な穴場かもしれない。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000