川村ゆきえ 育乳ブラでEからFになるが「胸だけじゃないよ、色気は」

 7月13日夜11時から「AbemaTV」で放送された『オトナ女子会』に出演したグラビアアイドルの川村ゆきえ(30)が番組中にバストのサイズを上げる方法を紹介した。

 この日の同番組には川村のほか、モデルの梨衣名(26)、歌手でAAAのメンバーである宇野実彩子(29)が出演。

 番組の中盤、梨衣名は、自身に色気がないことが悩みであり、胸に肉をつけるために7キロ太ったことがあるという過去を打ち明けた。しかし、その方法は失敗に終わってしまったようで、川村に対して「おっぱいってどうやって作るんですか?」と質問した。すると川村は、「持って生まれたものだとは思うけど、30になって育乳ブラは始めた」とアドバイス。1月に舞台をやっていたときの衣装さんから薦められて2月から育乳ブラをつけはじめたそうだ。

さらに、「なんかね、私とかぽっちゃりよりの人間だから。背中にお肉があるから、そういうのを全部収納するみたいな」と育乳ブラについて説明。すると宇野も、育乳ブラについての知識があったようで、自身の二の腕を触りながら、「ここから背中からあらゆる肉を持ってきて、おっぱいに。そうするとどんどん移動してきてつくらしい」と付け加えた。

 これを受けて梨衣名は「実はそれやってるんですよ」と、すでに育乳ブラの使用者であると明かした。しかし、寝るときはブラをつけていないので胸が重力で流れてしまって意味がないのではないかと考えているようだ。

すると川村は、「でもね、育乳ブラステップが3つあって私はまだ1なんだけど、すでに1カップ上がって、今EからFになった」と育乳ブラの効果を伝え、2人を驚かせた。続けて、「いい位置にいてくれるなと思うし、胸から痩せてきちゃうし。育てるっていうあれだけど、減らさないって感覚かな」と川村。実際に大きくはなったが、本当の目的は形やボリュームを保つことであるそうで、「胸だけじゃないよ、色気は。絶対」と総論を述べた。


 その後は、胸がない場合でも色気を出すためのポーズなどを川村と宇野が梨衣名に指導するなどして番組を盛り上げた。


©AbemaTV


『オトナ女子会』は毎週水曜日 23:00〜25:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000