NY発!謎の日本人・0men44がNippsとVIKNを迎えたMVをドロップ!

AbemaTIMES編集部が、お引越しでバタバタの中、謎の日本人・Omen44(オーメン44)がBuddha BrandNIPPS(ニップス)とVIKN(ヴァイケン)を迎えたMV『Came Far For The Killing』を公開した! とりあえず、このMVの気持ちよさにやられちまいな!

95年より神戸関西圏を中心に活動開始し、2000年に拠点をNYCに移した謎の日本人・英語リリシストOmen44。そんな謎に包まれた彼の最新MVが突如公開された。


『Came Far For The Killing - Omen44 Feat. Nipps(Buddha Brand), Vikn Produced by Gradis Nice』

MVは、Omen44が住むNYで撮影が行われ、客演には日本が誇るレジェンドMCことBuddha BrandNIPPSTETRAD(テトラド)としても活動が活発なVIKNが参加。そして、プロデュースには、Omen44と同じくNYCを拠点に活動する日本人トラックメイカー・Gradis Nice(グラディス・ナイス)を起用。

『遠い国から遥々殺しにキタ!キタ!指図は受けない変態』

冒頭のフックを聴いた瞬間に上がらなかったら、B-BOY偏差値はまだまだだぞ!

このフックは、あの日本を代表するBudda Brandの超名曲『人間発電所』CQのリリックをサンプリングしているのだ!この楽曲でNIPPSが『まだまだ大作/奥にしまっテル』とラップしているように、この作品はまだまだ序幕にすぎないかもしれない。



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000