アジアのヒップホップは、もはや世界基準に!韓国のラッパー・Keith Apeを迎えた新MVが公開!

KOHHLootaも参加した『It G Ma』で、アジアのヒップホップをネクストレベルに上げた韓国のラッパー・Keith Ape(キース・エイプ)を客演に迎えたOkasian(オケーション)とBryan Cha💲e(ブライアン・チェイス)によるコラボ作『Underwater Bank』のMVが公開された! 

日本からKOHHLootaを客演に呼んだ『It G Ma』の大ヒットにより、USのヒップホップシーンまで名を轟かせたKeith Ape。そして、同じく韓国出身でアメリカでも確実に知名度を上げているOkasianBryan Cha💲eがタッグを組み、Keith Apeを迎えた新MV『Underwater Bank』を発表した。


『Okasian x Bryan Cha$e ft. Keith Ape - Underwater Bank』

どうやらこちらの曲は、OkasianBryan Cha💲eによるコラボ作品『The Last Orcas pt 1』に収録されるようだ。MVの詳細には、“Summer release series”と記述されているので、Keith Apeを皮切りに、近々また新曲がドロップされると予想される。


USも激震!アジアのヒップホップを世界中に知らしめた楽曲『It G Ma』

昨年に公開され、世界中を巻き込んだKeith Apeの大ヒット曲『It G Ma』。こちらは、日本からKOHHSQUASH SQUAD(スカッシュスクワッド)のLoota、韓国からJayAllDay(ジェイ・オール・デイ)が参加した日韓コラボ作となっている。ちなみに『It G Ma』は“忘れるな”という意味。


『Keith Ape "IT G MA Remix" f/ A$AP Ferg, Father, Dumbfoundead & Waka Flocka Flame』 

さらにこの楽曲は、USのラッパーにも衝撃を与え、A$AP Ferg(エイサップ・ファーグ)・ Father(ファーザー)・ Waka Flocka Flame(ワカ・フロッカ・フレイム)・韓国系アメリカ人Dumbfoundead(ダムファウンデッド)による超豪華なリミックス版も公開されている。


日本のヒップホップシーンにも繋がっている韓国のラッパー達

『Ashes to Ashes feat. SQUASH SQUAD, JAY ALL DAY & OKASIAN / DJ BEERT & Flammable』

『It G Ma』に参加している韓国のラッパー・OkasianJayAllDayは古くから、日本のラッパー達と交流があり、3年前にはDJ BEERTとビートメイカーのFlammable(フレイマブル)とのタッグ作『Ashes to Ashes』SQUASH SQUADの2人と参加している。

Keith Apeをはじめ、OkasianBryan Cha💲eなどUSに負けじ劣らずのクオリティで作品をリリースする The Cohort(ザ・コホート:クルー)の韓国勢。次はどんな動きをするのか? 今後も彼らの活動は常にチェックしておかなければならない。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000