三四郎に若槻千夏がダメ出し 「オーディションだとしたら落選」

 13日、若槻千夏(32)がMCを務める『若槻千夏と生で行ってみた』第14回が放送された。今回は雑誌「CanCam」の専属モデルを務め、“エビちゃんの後継者”と呼ばれる堀田茜(23)と、「THE MANZAI2014認定漫才師50組」にも選ばれ人気急上昇中の漫才コンビ、三四郎の小宮浩信(32)、相田周二(33)と共に、渋谷・表参道を散策。トークを展開する中で、若槻が三四郎の2人に“番組オーディション落選”を言い渡す一幕があった。

 オープニングトークで若槻から「この番組、サイバーエージェントの社員の方も結構見てるので、“AmebaTVにハマる”ってアピールできたら、他の番組に呼ばれますよ」「ほんとに簡単にレギュラー決まるらしいですよ」「チャンスですよ」とアドバイスを受けた三四郎の2人。「公開オーディションと思っていいんですか!」「急に緊張感出してくるな!」と気合を入れるが、小宮の滑舌が非常に悪く、若槻は何度も聞き返す羽目に。収録中何度もコミュニケーションに支障が出てしまう。

 番組後半、4人は表参道の飲食店「やさい家めい」へ。若槻から「付き合うならどっちがいい?と」聞かれた堀田は、悩んだ挙句、「一緒に過ごしていてコミュニケーションが取れなかったら辛いので、話を聞いてくれる相田さんの方が(まだ)いいです」「(小宮には)きょう何度もしゃべろうとしたところにかぶせられて」と頬を膨らませた。

 若槻も「きょうは堀田ちゃんがメインゲストなんですよ。堀田ちゃんはね、大人気なんですよ。動く堀田ちゃん、しゃべる堀田ちゃんを視聴者も待ち望んでいたのに、本当にガヤがうるさい」とバッサリ。「楽しかったけど何話したか全然印象に残ってない」「(AmebaTVの)オーディションだとしたら落選ですね」と三四郎にダメ出しを連発した。

 しかし視聴者数は10万人超え。若槻は「みんなバカになっちゃったんじゃないの」と嬉しい悲鳴を上げていた。


©AbemaTV


『若槻千夏と生で行ってみた』は毎週水曜日 20:00〜22:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000