最上もが、そっくりなゲストと共演 「きんさんぎんさん」ショット披露

アイドルグループ・でんぱ組.incの最上もがが、7月11日にAbemaTVで放送された『もがマガ!』で、フォルムがそっくりなイラストレーターのmugnyと「きんさんぎんさん」ショットを披露した。

同番組は、最上が編集長となり、新しいタイプの雑誌「もがマガ」を作るというもの。毎回様々なゲストを招き、雑誌作りに必要な知識を得ていく。今週は「付録のデザインを考えよう」というテーマで、ゲストにLINEスタンプの「とりもち」で知られるイラストレーター・mugnyが登場。

以前からその「とりもち」スタンプを愛用していた最上だが、今回mugnyとは初対面。その見た目は、ショートカットに金髪と、最上のようなスタイル(現在は銀髪にイメチェン)で、その姿を見た土屋からは「てっきり“最上一派”かと思っていた」と指摘が。それを聞いた最上は、mugnyと並び「お互いきのこカット」「きんさんぎんさんみたい」と、カメラに向かって2ショットを披露。

これには、でんぱ組のファンであるmugnyも「お隣にいてめちゃくちゃ恥ずかしい…」と恐縮しきり。実は自身が金髪にしているのには理由があり、現在開かれている展示会に向け気合を入れるために染めたとのこと。


その後番組では、雑誌の付録が最上&土屋の顔を模した「小銭入れ」にほぼ決まるなど、完成に向け一歩前進。その途中、mugnyは最上のミニ芝居への参加、「私は癒し系ではなく“いやしい系”です」と会話の節々に個性的なキャラを発揮し、土屋からも「面白い」と太鼓判を押されていた。


©AbemaTV


『最上もが』の毎週月曜日 22:00〜23:00「AbemaSPECIAL」チャンネルにて放送中


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000