レッド吉田、出馬断念の石田純一に「僕は一票入れたかった」

東京都知事選への出馬に意欲を示していた俳優の石田純一(62)が、都内で会見を実施。「7月11日、私石田純一は、かねてより都知事選への意欲を示してまいりましたが、正式に断念いたします。いろいろお騒がせいたしました」と述べ、出馬を断念する考えを表明した。

石田は会見で「意欲的にはもちろんあったし、生意気な条件も提示したが、自分なりに退路を断って声明を出してきた。ここで引き下がるのも矛盾するが、タイムリミットを迎えた」と、無念さをにじませた。

出演CMなどの違約金について問われると、「今はまだ発生していない」と回答。続けて、「メディアのルールで自粛する必要があり、番組の差し替えなど、ギリギリまで待っていただいていた」と語り、11日がそのタイムリミットであったと説明した。

この会見を受け、若者向け報道番組『原宿アベニュー』でコメンテーターを務めるレッド吉田(50)は「僕は出てほしかったなぁ。政治家さんじゃない人が、立て直したいと思った志でやろうとしたわけでしょう?僕はそこに一票入れたかった」と残念がった。

キャスターの今井華(23)も「新しい風」に期待していたとしながらも、「スケジュールや仕事の都合でいろいろあったんだね」と同情の意を示していた。


©AbemaTV


『原宿アベニュー』は毎週月〜金曜日 18:00〜19:20「AbemaNews」チャンネルにて放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000